防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の現状調査の雑感

2020年2月23日からの本ワークグループ情報発信をしてきての雑感

そろそろ、2か月になるので、一度、いままでの情報調査活動の雑感をまとめようと相談したのですが、正直、まだまだこれからというのがグループの結論でした。

ただ、「PCR検査が一向に進まない」、「事前の医療設備確保(病床、防護具、人工呼吸器など全て)の現状」や、「3月6日に保険適用になった時点での調査で急がないと大変だという意識が現実には、行政で一向に対策が進まず、東京オリンピックが延期となってから、急に事態が変わってきた」ということをメンバーだれもが実感していることがわかりました。

こちらに3月6日の投稿があります。この一か月半も前の時点での危機感がどこまで現在に反映されてきたのかを是非、知ってほしいと思います。東京都が今回の補正予算で医療設備などの補助・支援を提示するまで何も進まなかったというのが実感です。何年も前に世界的に脅威となったSARSやMARSをその時点で実感できなかった日本という現実を理解するのは悲しいのですが、実際、韓国や台湾の対策を見ていれば容易にその対策の遅れは感じられます。これから、政府と自治体は何をするのか、何をしていくのか、そして、何を変えるのかを注視して、監視して意見していく必要があります。たった2か月の情報調査でもそれを痛切に感じています。

<報告の詳細を知りたい方へ>
この新型コロナウィルス対策の調査については、右フレームのカテゴリー検索から、「新型コロナウィルス対策」を選んでもらえば、全投稿を閲覧することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください