防災・減災ワーキンググループ:豪雨災害対策調査報告>第2弾 学習会資料紹介と現状問合せ結果

7月上旬九州豪雨災害の東進を受けての対策準備編

事前のWeb会議での学習会資料を公開した方が良いとの意見があったので、その一般公開と第一回、7月8日段階での関係機関へ問い合わせ結果をご報告します。

<学習会資料:その1>

予備放流・事前放流とは(国土交通省資料より)

“防災・減災ワーキンググループ:豪雨災害対策調査報告>第2弾 学習会資料紹介と現状問合せ結果” の続きを読む

防災・減災ワーキンググループ:豪雨災害対策検討・臨時会議報告

九州からの豪雨災害の東進に対して

昨日、緊急の会議で、これからの豪雨をもたらす梅雨前線の東進について、関東地域での防災対策として、貯水池、ダムの事前放流が話題になりました。これから、豪雨でなくとも降雨が予想されている中、

1)ハザードマップによる浸水危険・注意エリアの再チェック:「前回の豪雨での浸水、または土砂災害予想地域の確認実施をしておく必要があるのではないか?」

2)ダム・貯水池の事前放流:「万一に備え、関東域では、ダムの事前放流を行ない、貯水量を下げて、豪雨時に緊急放流をしなくて済むような対策はなされているのか?」

という疑問が提示されました。

ワーキンググループでの具体策としては、AIなどを駆使した災害対策を提唱している政府機関、国土交通省などはどうしているのかを知っておく必要があるという意見がありました。一度、河川管理事務所の対策実施をHPなどで確認するとともに、注意喚起としての「対策実施についての問い合わせ」を実施しようということになりました。

防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集 東京都第2波調査

この第2派調査は、東京都で感染者状況の判断基準変更(6月30日)と新規感染者100名越えを起点に開始しました。

先ずは、新規感染者50名越えが連続して、慌てて変更された判断基準について、以下にNHKの特設サイト(こちら)などの情報を転載して、ご紹介します。

また、このコーナーでは、この判断基準での東京都からの報告を継続して、最下部に追加していきますので、継続して、ご覧ください。毎日の増加数とエリア(区市部)別の感染者増加数は、こちらで継続して、報告しています。

“防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集 東京都第2波調査” の続きを読む

小金井市審議会傍聴環境づくり:審議会開催情報の告知状況調査>第42弾

2020年7月1日号市報発行時点

ようやく、7月になって、中止、延期されてきた各種審議会、協議会の開催が始まりました。ただ、喜んでもいられないのは、新型コロナウィルスの感染対策という現状の中で、傍聴不可、人数制限、事前申込などの様々な制限が課されているという、以下の一覧の通りの実態です。

市議会のようなWeb傍聴システムが存在しない現状では、市民への情報公開「市民の知る権利」はまた、後退せざるを得ず、早急なWeb動画の配信などが求められます。

会議名称市報告示公式サイト:新着情報:イベントカレンダー:審議会開催予定
第2回都市計画マスタープラン策定委員会●5/1掲載(5/29開催)>延期、7月頃開催計画(未定)
〇7/1掲載(7/9開催)
*傍聴先着順(10名迄)
●4/27掲載>5/15延期を掲載
〇6/29掲載
社会教育委員の会議〇6/15掲載(6/29開催)
地域公共交通会議〇6/15掲載(7/3開催)
*傍聴先着順(10名迄)
〇6/10掲載
介護保険運営協議会(計画策定に関する専門委員会)〇7/1掲載(7/2開催)〇6/29掲載
第1回住宅マスタープラン策定委員会〇7/1掲載(7/3開催)
*傍聴10名まで
〇6/22掲載
環境審議会〇7/1掲載(7/7開催)
廃棄物減量等推進審議会〇7/1掲載(7/7開催)
第3回男女平等推進審議会〇7/1掲載(7/10開催)
*傍聴事前申込制(5名迄)
〇6/26掲載
地球温暖化対策地域推進計画策定検討委員会〇7/1掲載(7/10開催)
緑の基本計画策定委員会〇7/1掲載(7/14開催)
*傍聴事前申込制(10名迄)
●6/17掲載(6/30開催中止)の掲載のまま
第1回総合教育会議〇7/1掲載(7/14開催)〇6/26掲載
土地開発公社評議員会〇7/1掲載(7/15開催)〇6/26掲載
市民参加推進会議〇7/1掲載(7/15開催)
公民館運営審議会〇7/1掲載(7/16開催)〇6/23掲載
情報公開・個人嬢王保護審議会〇7/1掲載(7/16開催)
地域自立支援協議会〇7/1掲載(7/22開催)
第1回図書館協議会〇6/15掲載(7/9開催)
第1回放課後子どもプラン運営委員会〇6/29掲載(7/17開催)
*傍聴事前申込制(3名迄)

防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス感染対策:状況把握>東京編

2020年6月24日東京都対策本部報での情報公開を受けて

今回は、都内の都立高校での教員感染が発覚して、公開されてた情報を元に、どのように感染が発見され、対策され、さらに感染者情報として、いままで投稿してきた感染者発生について公開情報に反映されるかを見ていきます。先ず、24日の情報を以下に貼り付けて、ご紹介します。50代の都立高校教員の感染情報です。

<24日付対策本部報より、部分転載>

“防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス感染対策:状況把握>東京編” の続きを読む

小金井市審議会傍聴環境づくり:開催情報の告知状況調査>第42弾

2020年6月第2弾:6月15日の市報発行時点

6月後半になり、ようやく、各審議会の開催が開始されました。ただ、感染予防の観点から、審議会によっては、傍聴できないものや傍聴人数を制限する処置がなされるようになりました。以下の開催一覧をご覧ください。

大きな課題に直面する「審議会での市民参加としての傍聴

或る意味、「市民参加」「市民の知る権利」の縮小が確実に進んでいます。コロナウィルス感染対策としての傍聴制限がその一つです。ただ、それも一部なのです。傍聴可能時もコロナウィルス感染騒動の以前から、このサイトで指摘してきたように「意見・提案シート」が用意されていない審議会が大多数であり、審議会の資料は、閲覧のみで、その場でまたは、ネット上(市の公式サイト内)で入手もできず、結果情報公開センターにその次の審議会で承認される会議録と一緒に半年以上待ってから入手が原則というのが実態です。もちろん、その段階でも資料が公開されなかったり、会議録すら、1年以上も経過しても公開されないなどということも多々あります。

傍聴による市民参加を提言した「市民参加推進会議」でのテーマは、こうした傍聴者への対応などについては、解決済み(提言済み)のものとして、その後の改善状況はチェックされないまま、現在は、若者の参加などを討議している状況です。提言の確実な履行のチェックや審査などは、こうした会議では取り上げられてはいません。嘗て、市議会で一部市議によるこうした提言の履行の現状確認がされたこともあります。ただ、それも一時的なもので、市側の報告も各部局からの報告内容の羅列のみで、その後の確実な履行など、事務改善をチェックする機能づくり提案がなされたわけではないので、行政側が積極的に実施しないまま、逆に後退する(以前、用意されていた「意見・提案シート」を用意しなくなる審議会まで出てくる)現象すら見られます。コロナ後の課題は、ここにも存在します。

市議会のように「Web傍聴」を審議会や協議会などでも実現しないと市民参加は、さらなる後退の局面を迎えるのは確実です。

会議名称市報告示公式サイト:新着情報:イベントカレンダー:審議会開催予定
公民館運営審議会●4月開催>4/1掲載(4/16開催)>中止は、4/15市報未掲載
●5/1掲載(5/21開催)>公式サイトに中止告知掲載
〇6/1掲載(6/18開催)
4月開催中止(4/1掲載)
●5/1掲載:中止告知
〇5/28掲載(6/18開催)
地域自立支援協議会●5/1掲載(5/27開催)>中止
〇6/1掲載(6/24開催)
●4/22掲載>中止
〇5/28掲載(6/24開催)
都市計画マスタープラン策定委員会〇5/1掲載(5/29開催)>延期、7月頃開催計画(未定)●4/27掲載>5/15延期を掲載
子ども・子育て会議〇6/15掲載(6/22開催)
*傍聴無し
〇6/10掲載
保育計画策定委員会〇6/15掲載(6/25開催)
*傍聴8名以内(申込順)
〇6/11掲載(感染予防のための事前申し込みと参加注意事項掲載)
社会教育委員の会議〇6/15掲載(6/29開催)
地域公共交通会議〇6/15掲載(7/3開催)〇6/10掲載