小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問2日目>紀由紀子

2019年3月議会:紀由紀子市議の一般質問準備編~事後編

紀市議の一般質問の通告内容は、以下の通りです。今回は、事前に準備編をアップできなかったので、このタイミングとなりました。事後編は、Web傍聴後に順次アップしていきます。

一般質問の当該動画ファイルはこちらをご覧ください。1:00:20~

質問その1:国産液体ミルクの活用について(災害時・外出時)

この質問は、乳幼児用の液体ミルクのことをおっしゃっているようです。災害時に備蓄を進める提案は理解できるのですが、詳細は質問を傍聴してみないと不明です。

質問その2:通学路のブロック塀などの安全対策について

この提案は、都や国の同ブロック塀対策への補助金と連携して、小金井でも補助金を進めないかという提案です。小金井ではこうしたブロック塀の診断調査や生垣化の対策は進めているようです。詳細は、小金井市の公式サイトにあるこちらのページをご覧ください。こうした対策に加えて、実際の改修、改善への工事などの補助を進めるという提案のようです。

質問その3、4:東京都の「都市農地活用支援プロジェクト」を活用した農地の防災強化、「都市農地活用支援モデル事業」活用による高齢者向けセミナー農園事業について

この提案も東京都の制度を活用した形での市の施策提案です。東京都の「都市農地活用支援プロジェクト」や「都市農地活用支援モデル事業」については、よく知らりません。補助金ではなく、散在する農地を農業公園などとして自治体が保全・所有管理する制度としての「農の風景育成地区制度」があることは知っています。この制度の良しあしは別として、東京都都市整備局のこちらのページでその概要は知ることができます。

財団法人 都市農地活用支援センター(こちら)や農林水産省の事業はいくつかは存じあげています。農林水産省の「防災協力農地等地域支援事業」は、こちらからご覧いただけます。東京都の支援事業の資料が提示されるのでしょうか?詳細は、質問内容を確認してみたいと思います。

<紀市議一般質問準備編 了>

小金井市議会傍聴環境づくり:週末Web(傍聴)議会の試験実施へ

2019年3月議会の一般質問の傍聴環境づくりからの発展へ

先週4日に終了した一般質問。今回の3月議会での資料提示は、開催前提示が沖浦市議と白井市議の2名、事後は、たゆ市議と森戸市議の2名でした。習慣的に定着するというよりは、「忙しい中、協力いただけた市議は4名」という結果でした。もちろん、それでは傍聴環境づくりも進まないので、こちらでは、事前と事後に関連する情報へのリンクや可能な限りの掲示も進め、少しでも傍聴しやすい環境とはどんなものかを摸索してきました。その結果は、以下の質問一覧から、リンクした各市議の傍聴報告をご覧いただければわかります。

平成31年3月議会一般質問>週末議会ガイド
議員名質問内容
吹春やすたかオリンピック観光推進・武蔵小金井駅南口桜植樹・防災体制
鈴木成夫自主防災組織・医療ケア児受入れ
村山ひでき食育の推進・無電柱化推進
沖浦あつし小中学生のインターネット利用・第5次基本計画(学校教育・生涯教育・シティプロモーション等)
小林正樹青少年教育・障害者の社会参加
宮下誠オリンピックでの伝統文化イベント・新ファーマーズマーケット応援・こがねい安全・安心メール活用
白井亨小金井らしい新庁舎建設・都市計画道路問題・栗山公園のグラウンド整備
遠藤百合子スクールロイヤー制度導入・認知症条例の導入・歯みがき条例検討
河野律子栗山公園のグラウンド整備・地元業者のSDGs評価制度・全国大会出場団体支援・保育園の使用済みおむつ・親しまれる新庁舎建設
坂井えつ子ヤングケアラー支援・福祉売店の再開・都市計画道路問題
板倉真也視覚障碍者の移動支援・学童保育への対策
紀由紀子国産液体ミルクの活用・通学路ブロック塀の安全対策・農地の防災強化・高齢者のためのセミナー農園整備
たゆ久貴災害対策・高齢者への障害福祉サービス問題
渡辺ふき子新福祉会館への子育て世代包括支援センター設置・女性やLGBT施策の推進・ペットと暮らす環境づくり
片山かおる子どもの権利条約の具体施策化・原発事故避難者の支援と居住支援協議会設置・放射能副読本の活用
水上洋志制度改定後の高齢者への生活支援・8050問題への対応
湯澤綾子インターネットの人権侵害対策・妊娠前の支援・学校給食への地場野菜活用
渡辺大三新庁舎建設へのしっかりしたビジョンと計画づくり・市職員の定員管理・まちづくり、施設等の計画への提案
岸田正義会計年度任用職員・行財政改革2020
斎藤康夫生産緑地の改訂と今後
田頭祐子こがねいプラごみゼロ宣言・空き家活用・子どもの虐待防止
森戸洋子子どもの虐待防止・消費税・国保税制度

第三期としての実験はここまでの成果を昼間働いて忙しい小金井市民のために週末に傍聴いただける場づくりに利用してみてもらうという試みです。題して、「傍聴ランチ」「傍聴宴会」というわけです。市内のお店の協力を得て、実験をしてみたいと考えております。乞うご期待