小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問2日目>板倉真也

2019年3月議会:板倉真也市議一般質問準備編~事後編

板倉市議の準備編は、時間が無く、質問開始前にはアップできませんでしたが、一応Web傍聴前の以下の一般質問の通告内容のみでの準備を前提にして以下にご紹介する予定です。

事後編は、Web傍聴実施後にアップする予定です。

2月28日の当該動画ファイルはこちらから、ご覧ください。

〇事前準備編

質問その1:視覚障害者の移動支援施策を充実せよ

視覚障害者の移動支援に関する地域支援事業の概要がわからない人のために、以下に「障害者福祉の手引き」の47Pに掲載されている同移動支援サービスの概要を紹介しておきます。

また、厚生労働省の視覚障害者の移動支援サービスなどに関する資料は、こちらから、ご覧いただけます。これらを理解した上で板倉市議の市への要望をお聞きになるとその内容を把握しやすいかもしれません。また、ガイドヘルパー制度やその実態、課題などは、こちらの障害保険福祉研究情報システムにあるコンテンツをご覧になる(検索でガイドヘルパーと入力して探す)と便利です。

関連情報:ちなみにこちらの小金井市内の障害支援サービス業者の一覧でどの業者が視覚障害者の移動支援サービスを実施しているかを知ることはできます。

質問その2:学童保育指導員の基準緩和に反対するとともに学童保育所大規模化への対応策確立を

今、政府の新たな学童保育指導員の基準緩和策が地域の学童保育の現場から、反対表明が続いている現状からの質問です。資格所有者を2名から、1名に減らす対応が学童保育の質などに影響する現状に「反対を表明せよ」「自治体側で補填せよ」という要望です。市側はどのように答えるのでしょうか?注目してみたいものです。

<板倉市議一般質問準備編 了>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください