小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問3日目>渡辺大三

2019年3月議会:渡辺大三市議の一般質問準備編~事後編

以下で渡辺市議の一般質問の通告内容はご覧いただけます。

Web傍聴用の動画ファイルはこちらから。渡辺市議の当該質問は、同ファイルでは、48:00~

質問その1:新庁舎・福祉会館建設に向けて、市としての「考え」をもってのぞむべき

基本設計方針を提示して、委託業者への設計案に市庁舎や福祉会館の建設についての考え方を任せきりにしているという市側への批判をされています。具体的な「床面積の縮減」「建物の高さ制限」「駐車場は、地下に」「広場面積の確保」「災害時の施設利用計画づくり」「土日祝日・夜間の市民利用を想定した設計」「免震構造の採用」などを提示されています。本人資料として、具体的な計画案を提示されているのかは不明です。

質問その2:市職員の定数管理について

岸田市議も4日目に質問される予定の新たに制度化される「会計年度任用職員制度」に向けて、今後の職員配置の計画や考え方を正す質問のようです。会計年度任用職員制度についての資料は、こちらをご覧ください。同時に審議会委員や市議会議員の定数についての市長の見解を問い、その削減を視野にした質問のようです。

質問その3:街づくりに向けての市内設備(主に交通設備)への提案

渡辺大三市議は、毎回一般質問でこうした市内の交通設備などの改善提案を当該場所の写真などを提示して、なさっています。今回は、事前にそうした資料の提示をいただけなかったので、議場で資料を見て、より具体的にその必要性などを感じていただければ、質問内容も良くわかると思われます。Web傍聴では、言葉のみなので、あまり良く把握できないかもしれません。後日でも資料提示いただけることを期待したいと思います。

<渡辺大三の市議一般質問準備編 了>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください