小金井市議会傍聴環境づくり:2020年6月議会一般質問 4日目 事後編

2020年6月9日 一般質問最終日:週末Web傍聴

今回は、最終日4日目の4名の市議の方々の一般質問の事後編です。質問内容は、以下の一覧の通りです。それぞれの市議の名前をクリックしていただくと、当該動画ファイルが開きます。質問テーマの前の数字は、それぞれの動画ファイルでそのテーマが開始される時間です。ファイルを調整して、聴きたいテーマを選んで視聴していただけるように記載しています。

第4日目は、片山市議のみ、資料データをお送りいただけたので、傍聴時に参照していただけるページを別途設けました。資料は、「資料ページを開く」とある文字をクリックしてご覧ください。このページがあることでより、傍聴した際に討議内容がわかりやすくなります。是非、ご活用ください。

一般質問  令和2年6月9日(10:00~)
発言順議員名発言内容
1 10:00~遠藤百合子遠藤百合子〇3:30‐新型コロナウィルスの影響にも伴う各種補助金・協力金・助成金等の資金を税滞納に由来する強制徴収手続等の滞納処分としないことを求める
〇7:37‐同支援への事業者からの相談について、小金井市商工会との連携を
〇12:45‐聴覚障害者の周囲への周知のための「耳マーク」を広めていかないか
2 10:018~渡辺大三渡辺大三〇19:15‐新型コロナウィルス問題に苦しむ市民や事業者の支援のために全市民・事業者の生活状況調査の実施を
〇新型コロナウィルス感染課題のある今、新庁舎・福祉会館建設の実施設計は凍結し、諸条件の整備などを進めるべきでは
〇市役所のソフトイ・ハード両面での改革を新型コロナウィルス対応という視点で「新しい日常」策定として進めていく必要がある
3 11:16~(午後分13:00~)水上洋志
午後分
〇1:17:30‐新型コロナウィルス感染の市政への影響を把握へ
〇午後分3:30‐新庁舎・福祉会館建設の今後(パブリック・コメントの反映/広場の見直し/財政改革/コロナウィルス対策を前提とした対応へ)
〇市長の公約の「市庁舎移転後の本庁舎跡地」「本町暫定庁舎」「保健センター」「東小金井駅まちづくり事業用地」の活用方策検討がどうなっているのか
4 13:25~
資料ページを開く
片山かおる〇25:30‐コロナ災害後の学校教育は子ども主体の教育に
〇1:07:15‐「生活保護は市民の権利」を基本にセーフティーねっとの拡充を
〇市長は自治体の自治能力をいかに発揮できるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください