小金井市議会傍聴環境づくり:2019年6月議会一般質問>村山ひでき:事後編

2019年6月4日一般質問:村山ひでき市議:事後編

村山市議の一般質問の通告内容は、以下の通りです。主に文化財の保存・活用に関する提案です。

傍聴用の動画ファイルはこちらでご覧いただけます

1.歴史と文化を活用したまちづくりを考えよう

5つの小金井市の現状推進している文化財事業を取り上げて、それぞれの課題を指摘され、提案されています。

文化財センター・浴恩館公園については、昔、青年団の講師の宿舎に使われてた「空林荘」のクラウドファンディングなどでの保存などが提案されたこととその現状を質問されましたが、現状で市側は施設としての再生や保存・活用は困難であり、歴史的な素材として、歴史学習に取り上げる意味はあると答弁されています。

その他の本町六丁目遺跡の発掘物や調査報告書情報などを活用した学習活動などや他の文化財活用の必要性も提案されました。同時に市の埋蔵文化財の情報活用も不十分だと指摘されています。

さらに村山市議は、こうした指定文化財について情報発信の市の文化財事業の現状を確認され、市内の団体との連携した啓蒙・情報発信活動を求められたことに対しては。市側の文化財魅力発信や学習などは、主に「小金井桜」を中心に進めているという実績と今後の市内外への情報発信の促進を説明されています。

また、村山市議は、市の指定文化財の同文化財の所有者である指定管理者への管理の補助金や謝礼の実態も確認され、その管理の仕方や制度・仕組みの広報も含め重要だと指摘されました。

さらに文化財への説明板などの設置現状については、思ったより少ない近現代の文化財への説明板の必要性を説かれています。市史編さん事業についての今後の活用計画の確認をされ、活用の促進を求めています。小金井桜の補植に今年度の予定も確認されています。

2.キンヒバリの里について

以前の12月の市議会で陳情され、全会一致で採択となったキンヒバリの里の保存・管理についての質問と提案です。現状での進捗確認をされました。

環境政策課からは、陳情時にも行政が答えられた所有者からの買い取りの申し出が無い現状では、緑地保全などの側面からも事業として進めるのが困難な状態というものです。

行政から、所有者の意思確認をしてはという市議の質問に対しては、現状、行政としては難しく、はけの自然を大切にする会など寄付を提示されているトラスト運動をされている方々からもそうした所有者についての情報も確認できていない。所有者の意志が確認できても優先的に買い取り、保全管理を進めるのは難しいとの見解のようです。市長にも確認されていますが、全会一致で市議会として採択されても、どうも市の所有は難しいようです。

村山市議一般質問 了>「週末Web傍聴ガイド」へ戻る

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年6月議会一般質問>篠原ひろし:事後編

2019年6月4日一般質問:篠原市議:事後編

5人目は、篠原ひろし市議です。同氏の一般質問の通告内容は以下の通りです。

傍聴用の動画ファイルは、こちらをご覧ください

動画ファイルでの質問は、1:37:00頃からです。

1.食品ロスの削減推進への啓蒙実施について

5月の「食品ロス削減推進法」の成立にあわせて、市町村でもこうした活動の啓蒙・実施の必要性を説かれます。さらにそのための廃棄物の発生抑制がより重要だという主旨での質問です。成立した「食品ロス削減推進法」は、こちらの衆議院の公式サイトにある衆議院法案要綱からご覧いただけます。

篠原市議は、コンビニエンスでの食品廃棄について特に課題として取り上げられています。この法案の成立推進へのきっかけが市町村の地域活動「3010運動」であったことを取り上げ、地域の市民活動が重要だと説明され、さらなる推進を求められています。3010運動は、東京都の地域温暖化防止センター「東京クール・ネット」での情報をこちらでご覧いただけます。行政施策の現状を確認しています。答弁は、環境部長と学校教育部長からです。環境部では、フードドライブなどを含めた現状の施策説明を、学校教育部では、学校給食を含めた中での学習の推進策を説明されています。

篠原市議の一般質問 了>「週末Web傍聴ガイド」へ戻る

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年6月議会一般質問>沖浦あつし:事後編

2019年6月4日一般質問:事後編>沖浦市議

4人目は、沖浦あつし市議です。沖浦市議には、事前に資料提示をいただいているので、それもご覧になりながら、傍聴を進めていただければと思います。一般質問の通告内容は、以下の通りです。

傍聴用の動画ファイルはこちらをご覧ください

沖浦市議の動画は、同ファイルの46:50頃からの質問となります。

1.小金井市見守りシール事業について

みまもりあいアプリを使った徘徊者探索システムの導入について

一昨年提案され、本年度から事業化された同事業についての4月からの導入について、その経緯と市民への告知の現状を質問されています。7月の市報掲載後に進めるという答弁です。実際、昨年の2月の個人情報保護審議会の会議録でもこのシールのために個人情報を活用する件が討議され、可決しているようです。この事業は、委託先事業者「セーフティーネットリンケージ」(こちらでご覧いただけます)が推進しているものですが、初期登録費用などを市で予算処置しています。市民への告知などの環境整備がまだ不十分だと指摘されています。実際に市の公式サイトにはこの事業についての告知などはされておらず、答弁にもあるように7月に告知される情報を待ちたいものです。

沖浦市議によれば、まだ、小金井地域でのこのシステムへの登録件数は、4,000件程度で、さらなる見守り協力を認知症認定など推進している団体などへ依頼したり、利用訓練なども必要だと指摘されています。加えて、見守ってもらいたい側への衆知も重要な点を指摘され、将来的には、高齢者福祉のしおり、認知症安心ガイドブックへの掲載も提案されています。

2.認知症「予防」施策について

更なる認知症「予防」施策として、①軽度の認知症早期発見、②特定検診への認知症予防検査項目を加える取り組みなどの提案をされています。現状の小金井での認知症の現状を市から提供された以下の資料で説明され、早期の発見の重要性を述べられています。

沖浦市議の一般質問 了>「週末Web傍聴ガイド」へ戻る

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年6月議会一般質問>鈴木成夫:事後編

2019年6月4日:鈴木成夫市議:事後編

鈴木市議の一般質問の通告内容は、以下の通りです。

Web傍聴用の動画いファイルは、こちらから

1.共に学び共に生きる社会を目指すために今、小金井氏が取り組むべきことは何か

「共に学び共に生きる小金井市をめざして」パンフレットの活用に向けた市の考えを問う

この鈴木市議が活用促進を求めているパンフレットは、こちらから、ご覧いただけます。

2.きらりが実施する「きらきらサポート」巡回相談事業は、どのように実施されるのか

●現状で規定される課題は、何か?

質問にある児童発達支援センター「きらり」の公式サイトは、こちらをご覧ください。また、この児童発達支援センター運営協議会についての会議録や資料、事業計画などは、小金井市公式サイトのこちらでご覧いただけます。この協議会では、資料も公開されており、この一般質問時の現在、平成31年5月14日に開催された平成30年度第5回の会議の会議資料までが公開されています。この中に平成30年度の同施設の業務報告書もありました。

また、幸い、質問された「きらきらサポート」巡回相談事業の報告もこの公開されている第5回の会議資料の中に「資料6」として、ありましたので、以下に転載しておきますので、参考にしてみてください。会議録は、残念ながら、第2回(平成30年11月開催)までしか、公開されていません。

●対象施設に対し、どのような説明を行ってきたのか?

上記の巡回相談事業計画では、施設としては、「保育園」「幼稚園」「認定こども園」の3種の施設のようです。質問の詳細は、傍聴してみてください。

3.市が提供する相談支援サービスにおけるAI技術導入の検討状況について

●進化したICT技術を導入し、市民サービスの向上に向けた検討を行わないか

この質問については、新たな提案なので、鈴木史市議の傍聴で提案される資料が不明なために資料掲示はできません。傍聴してみて、ご確認ください。

鈴木市議一般質問 了>「週末Web傍聴ガイド」に戻る

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年6月議会一般質問>小林正樹:事後編

2019年6月4日一般質問:小林正樹市議:事後編

小林正樹市議の一般質問通告内容は、以下の通りです。Youtubeの動画ファイルでは、時分頃からの質問開始です。傍聴する際の参考として、質問に関する情報もご案内しています。傍聴時に参考にしてみてください。

傍聴用の動画ファイルは、こちらから

注意:動画ファイルの質問開始時間は、58:50頃からになります。

1)子ども達の安全を守るために

ア)児童虐待に対する児童相談所との連携について

この児童虐待の対策・防止などについての児童相談所(子ども家庭支援センター等)との連携は、3月議会の一般質問で森戸市議も質問されているので、こちらの3月議会での森戸市議の一般質問も参考に傍聴してみてください。その件での学校教育部長の回答なども参考にして傍聴されると良いかもしれません。もちろん、3月議会の市議会だよりにも一部掲載されています。市の子ども家庭支援センターに関する情報は、こちら。また児童相談所に関する情報としては、小平児童相談所が管轄しているのですが、緊急の相談は、児童相談所全国共通ダイヤル「189」での相談窓口が設置されています。

小金井市の児童虐待に対する子ども家庭支援センターと児童相談所の連携の現状は、子ども家庭部に現状確認をされています。子ども家庭部からは、現状の児童虐待を含む、相談件数などの報告がなされましたが、数字は、多分、子ども家庭支援センターの平成30年度の事業報告などからのようですが、この報告書も小金井市の公式サイトなどでは確認できないようです。子ども家庭支援センター運営協議会などでは、資料として、配布されるようですが、この協議会も会議録は公開されているものの、資料は公開されていないので、市の情報公開センターで閲覧するか、公開請求しないと入手はできないようです。(傍聴用に提示できないのが、残念です) 小林市議は、その資料を手元に質問をされているようです。

以下に後日入手した平成30年度の同センターの事業報告書からの統計数字を掲載しておきます。これをご覧になりながら、傍聴してみてください。

イ)幼稚園や保育園のお散歩ルートの確認について

現状で、こうしたお散歩ルートについては、市では把握できていないと思われます。各園の安全マニュアルなどの確認と現状把握と指導の必要性などを述べられるようです。

ウ)警察との交差点のチェックについて

特に警察と連携した危険個所の安全点検の実施はしていないようですが、交差点などの点検の必要性についての警視庁からの通達を引き合いに出して、対処を確認されています。

エ)小学校PTAで実施した安全点検の対応について

毎年の市立小学校のPTAの通学路点検結果に対しての市側の対応を確認されています。

オ)自動車免許証の返納について

最近の高齢者の自動車事故に関連して、何度も質問が多くの市議から出ている点を指摘して、その促進策の進捗を確認されています。

2)良好な住宅環境を築くために

ア)一般住宅を建てる際、都市計画による規制誘導の見直しについて

市側からは、現状の規制基準などの説明をされていますが、その中での具体的な住民などの苦情、課題などが出されていることを指摘され、さらなる基準の見直しの必要性を指摘されています。

イ)市が率先して、町会・自治会・防災会・子供会への加入促進を

企画財政部長からの答弁のようです。任意団体としての同様な団体に市側が関わる難しさを述べられた上で、加入促進に協力している点や施策などを紹介されています。

小林市議の一般質問 了>「週末Web傍聴ガイド」へ戻る

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年6月議会建設環境委員会

2019年6月13日木曜:10:00~:準備編

一般質問の週末Web傍聴と並行して、今期は、建設環境委員会の傍聴を進める予定です。明日第1回の委員会が10時より、本庁舎3階の委員会室で開催されます。審議内容は、以下の通りです。

●31陳情第8号:
小金井市道路新設問題に関する陳情書

●議案第31号:
小金井市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例

<行政報告>
1可燃ごみ処理の支援状況について(ごみ処理施設担当)
2燃やすごみの処理量の昨年度との月別比較について(ごみ対策課)
3平成31年度一般廃棄物処理計画について(ごみ対策課)
4災害廃棄物処理計画について(ごみ対策課)
5清掃関連施設整備事業の進捗状況について(ごみ対策課)
6小金井市一般廃棄物処理基本計画の策定について(ごみ対策課)
7リユース事業に関する協定の締結について(ごみ対策課)
8小型家電の宅配回収に関する連携及び協力に関する協定の締結について(ごみ対策課)
9都市計画道路3・4・11号線に関する意見交換会に係る要望書の回答に ついて(都市計画課)
10令和元年度東京都北多摩南部建設事務所所管工事箇所について(都市計画課)
11小金井市コミュニティバス再編事業に伴う、地域懇談会の開催について(交通対策課)
12東小金井駅北口まちづくり協議会(第4次)の開催について(区画整理課)

中継動画は、こちらから、ご覧いただけます。