防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策:情報提供

経済産業省の関連商品供給に関する情報を知る

一応、マスクを核に情報を確認できますが、以下のような情報です。詳細は、こちらをご覧ください。

<経済産業省の情報ページより、転載>

Q1 国内では(マスクについては)どのような生産状況ですか

国内メーカーは、24時間体制で、通常の3倍の増産を継続しています。

週1億枚の供給に加えて、「マスク生産設備導入支援事業費補助金」を活用して、さらなる国内での増産を後押しします。

第1弾として、3月第2週目までにマスクの生産設備の導入等を行う事業者について、2月28日に3件を採択しました。

  • 興和株式会社 マスク製造
  • 株式会社XINS マスク製造
  • ハタ工業株式会社 マスク部材製造

2月28日に採択された3件については、いずれも既に生産を開始しており、今後1ヶ月程度で合計1,500万枚の増産・供給を開始することを目指しています。

<転載、以上>

このような告知で、その後に、補助金による各国内メーカーのこれから増産体制が第1弾、第2弾と羅列されています。

補助金なしでも「24時間体制で通常の3倍の体制で現状、週1億枚の供給」がなされているはずなのです。なぜ、巷にマスクがないのでしょう?不思議です。

しかも補助金の第1弾は、2月28日の採択で、3月2週目までに設備導入を行なう事業者で「今後1か月程度で3社合計で1,500万枚供給」ということは、設備導入後という意味なら、4月2週目以降の供給が最初というわけです。この情報掲載は、3月27日ですので、今後一か月というのがその時点からという意味なら、4月末ということになります。当然まだ、第一便も4月後半か、末頃、しかも通常の週1億枚という生産体制から見たら、ほとんど15%程度の増産です。その後も第2弾、第3弾と補助金は採択されているそうですが、これ以後の増産予定ですから、いつ手元に供給されるかは予想できます。

万が一、ウィルス感染が長引き、オーバーシュートしてもマスクは大丈夫ということでしょうか。取り合えずは、期待して結果を待ちたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください