動物との共生:地域猫に関するガイドブックを東京都が更新

ガイドブックを10年ぶりに更新!

東京都福祉保健局、平成11年に出された東京都動物保護管理審議会からの答申を受けて、平成13年度から15年度までの3年間、「飼い主のいない猫との共生モデルプラン」を実施してきました。この取組を行う地域を「モデル地域」に指定し、住民の合意形成に向けて、当該地域の区市町村及び東京都が連携し、約1年間の支援を行い、モデル地域として指定した地域は、3年間で20か所にまでなったようです。取組を反映して、地域で実際に行われた代表的な取組を盛り込んだガイドブックを作成しました。そのガイドブック作成から10年以上が経過しました。この改訂版が平成30年に発行されましたので、ご紹介します。

こちらの東京都福祉保健局のコーナーから、PDFをダウンロードして、ご覧いただけます。

また、同東京都福祉保健局にある「不幸な猫をなくすには」というコーナーはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください