小金井市議会傍聴環境づくり:2021年9月議会一般質問>2日目週末Web傍聴

2021年9月3日:事後編

2日目は、以下の6市議です。通告内容をご覧の上、各市議の氏名にリンクしている動画ファイルをご覧ください。開始時間の後の()内の数字は、動画ファイルのカウンターを表示しています。当該市議の質問をカウンターを調整して、ご覧いただけるように表示しています。残念ながら、2日目の一般質問では、各市議からの資料提示はなく、資料ページは作成されていません。

一般質問  令和3年9月3日(10:00~)
発言順(動画ファイルの時間数)議員名発言内容
1 10:00(2:35-58:20)村山ひできはけの道から考える芸術・文化・自然について
〇けの森美術館・はけの森カフェ、花侵庵について
〇「キンヒバリの里」と「はけの森緑地」について(現状把握、寄付の受け入れ、緑地整備としての散策コースと森林教育の実施、東京都の補助制度の活用等)
2 10:59(59:10-1:59:12)水谷たかこ〇コロナ禍での妊娠・出産・育児を支える仕組みづくりを(産後ケア・育児支援ヘルパーの現状把握、母乳トラブルを乗り越えるサービスを、母体の休息、回復のために使えるサービスの拡充、保育園、ファミリーサポートセンターなどの積極活用、育児支援ヘルパー等の育成援助)
〇小金井でも校則の見直しを(校則はだれが作るのか、子どもたちから出てきた疑問の声にこたえる、生徒会活動との関わりは)
3 13:00(1:50-1:01:30)白井亨〇「保育の質」に影響する公立園3園の廃止方針の見直しを(小金井市の保育の質について、ビジョン、ガイドラインの周知状況は、待機児童対策の成果と課題、園庭などを利用した園児への対応は、廃園方針とそのその市の進め方の問題点、市民参加情報と公共施設マネジメントの観点からの問題点、保育における保護者、地域の役割について、公立保育園の役割についての議論を)
〇教室で授業を受けられない児童、生徒に多様な学びの機会づくりを(東京学芸大学と連携したもくせい教室の位置づけについて、民間の塾、各種スクールとの連携の在り方について、HSCについての教員の周知と理解への取り組みは?世田谷区桜ヶ丘中学校の例)
4 14:00(1:02:10-1:59:17)渡辺ふき子〇新型コロナウィルス感染症における自宅療養者の支援について(遅れている支援の充実を、国立市の例を参考に)
〇命を守るワクチン接種の拡充について(今後の見通し、年代別接種、若い世代への接種促進策、抗体検査導入の必要性、高齢者用廃園球菌ワクチンの予防接種について、子宮頸がんワクチン予防接種の推進について)
〇かかりつけ医、かかり薬局のコロナ対応について(訪問医療、薬の配達について、現状は、そうしたかかりつけ医や薬局の必要性の市民への周知を、学校薬剤師の役割と報酬改定について)
5 15:00(2:15-13:50)湯沢綾子〇新型コロナウィルス感染での自宅療養中や調整中の市民への支援を
6 15:14(14:25-53:52)斎藤康夫〇小金井が地方交付税の交付団体になったことについて(現状の全国の地方交付税の現状把握、基準財政需要額について、基準財政収入額について、臨時財政対策債について、地方特別交付税の状況は、他市との比較を)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください