防災・減災ワーキンググループ:新型コロナ・ウィルス感染状況調査:都内篇<臨時>

2020年7月31日の対策本部報の死亡発生から

第628報での以下の死亡情報を見て、31日にされる死亡が死亡日がまちまち(1か月以上ずれていること)であることを不思議に思うのは私だけでしょうか?

2の70代の方は。7月31日に14日の死亡された方が幾分遅れてコロナだったと判明したというのはわかります。多分この方は、新規感染者と死亡者に同時にカウントされるのでしょうね。その意味では、亡くなられてから、コロナと診断されたために重傷者には入っていなかった方なのかもしれません。

それにとしても、1の50代の方の場合はどういうことなのでしょう?先月の18日の死亡(前月からコロナに感染していると診断されていた患者さん)が今頃、報告されるのは、どういうことなのでしょうか。この報告のシステムが良く見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください