公民館本館講座「はじめてのバードウォッチング」報告

動物との共生ワーキンググループで進めている市内の関連イベント情報調査の2021年度第1弾です。このコロナ禍でイベント延期や中止が続く中、公民館職員の努力で延期で開催できた数少ないイベントです。

2021年3月13日(土曜)・20日(土曜)に野川公園にて開催

今回は、本館事業係の溝江さんからのレポートです。

バードウォッチングを最近始めた方、今から始める方を対象に、野鳥のこと・ウォッチングの仕方などを学びながら、バードウォッチングを楽しむ講座を開催しました。
新型コロナ感染症による2度目の緊急事態宣言が年明けに発出され、1月30日・2月6日予定の開催を3月に延期とし、参加の皆さんにお待ちいただきました。
2回の講座とも、野川沿いでのバードウォッチングの予定でしたが、1回目3月13日は春の嵐の大雨となり、公民館本館の学習室でのレクチャーに変更しました。講師の野川公園自然観察センターのパークレンジャー木村成美さんは、急な変更にも関わらず、映像を使っての野鳥の紹介や双眼鏡の使い方などていねいにレクチャーしてくださり、参加者の皆さんは事前学習ができてよかったようです。


2回目3月20日は好天に恵まれ、12名全員参加でバードウォッチングをすることができました。4歳・7歳・8歳のお子さんから70代と、様々な年齢層の参加者が、講師の木村さんの穏やかさもあり、ゆったりと楽しそうにウォッチングしていました。皆さんカワセミ(小金井市の鳥)をゆっくり観察でき、その美しさに感動していました。

開催担当、報告:本館事業係 溝江みどり


参加者からの情報も

まろん通信でも、同講座に参加したタッドさんが、この講座をレポートしてくださいました。

まろん通信 No.1880のレポートをこちらから、ご覧ください。

当日、観ることのできた野鳥一覧をそのレポート記事から、以下に転載します。

<まろん通信よりの野鳥の種類を転載>

・カワセミ ・カルガモ ・コガモ ・コサギ ・モズ ・シマアジ(カモの仲間) ・バン・ヒヨドリ ・シジュウカラ ・ハシボソカラス ・ジョウビタキ ・ツグミ ・キジバト ・ドバト ・ムクドリ ・スズメ

<転載、以上>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください