小金井市審議会傍聴環境づくり:審議会開催情報の告知状況調査 第41弾

2020年6月1日号市報発行時点

ようやく、新型コロナウィルス感染対策での外出自粛が徐々に解除される中での6月開催予定が、ぽつりぽつりと掲載される状況となりました。もちろん、第二次感染なども市内で新たなクラスター発生に伴い、全く読めない状況ですが、市からの情報を掲載します。

会議名称市報告示公式サイト:新着情報:イベントカレンダー:審議会開催予定
公民館運営審議会●4月開催>4/1掲載(4/16開催)>中止は、4/15市報未掲載
●5/1掲載(5/21開催)>公式サイトに中止告知掲載
〇6/1掲載(6/18開催)
4月開催中止(4/1掲載)
●5/1掲載:中止告知
〇5/28掲載(6/18開催)
地域自立支援協議会●5/1掲載(5/27開催)>中止
〇6/1掲載(6/24開催)
●4/22掲載>中止
〇5/28掲載(6/24開催)
都市計画マスタープラン策定委員会〇5/1掲載(5/29開催)>延期、7月頃開催計画(未定)●4/27掲載>5/15延期を掲載

防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集 小金井編

2020年5月22日の市内「武蔵野中央病院」でのクラスター発生時点で

小金井市内の病院での感染者クラスターの発生が報じられました。この機会にこうした発生事例がどのように「東京都の感染者発生情報」に反映するのかを確認してみます。そうすることで現場での感染情報と自治体の公開情報の違いを把握するができるかもしれません。

注;最新情報の更新は、最下部に追加掲載しています。最下部をご覧ください。

小金井市の公式サイトの感染者発生情報は、東京都の発表を元にしているため、5月28日現在、5月12日頃からの小金井市での患者数17名は変化していません。別途、武蔵野中央病院での22日2名から、28日現在、9名という情報は、病院からの発表された数値として、別途告知されていますが、この東京都の公開数17名には加えられていません。元々、発生場所でなく、患者の居住地でカウントされていることもあるので、現状では、病院から報告されていても、東京都の職員が手作業で登録しない限り、数字に反映されないのでしょう。

それにしても、22日~28日報告されたものが、どの時点で反映するようになるのか、不安です。東京都の28日の新規発生数は、15名で、この数字には恐らく、この武蔵野中央病院での発生は加算されていないと思われます。今後の東京都の公開情報の変化を注視していきたいと思います。

<5月30日追加>以下に、30日に28日の詳細が公開されましたので、27日のデータと比較して、28日の日計15名の市区町村の内訳を数えてお知らせします。

港区:3、新宿区:2、渋谷区:1、中野区:1、杉並区:3、豊島区:1、板橋区:1、葛飾区:1、国分寺:1、都外:1

<5月31日追加>以下に、31日に公開された30日の情報と比較しての増加した市町村別の感染者数をご報告します。全体で29日の感染者数は、17名(都外をのぞく)となってしまいます。予想どおり、武蔵野中央病院の入院患者や職員が含まれるというはずなのですが、居住地域での登録らしく、小金井市は、1名増加(18名になりました)のみです。住民票の居住地で登録するとこうしたことが起きて、市町村別の数は、入院地ではカウントされないことが予想されます。

港区:2、文京区:1、台東区:1、江東区:1、目黒区:1、杉並区:1、豊島区:1、北区:1、板橋区:2、練馬区:1、江戸川区:1、小金井市:1、小平市:2、西東京市:1
計17名
(都外:3)

<6月1日追加>ようやく、小金井の感染者が新たに3名増え、21名となりました。それでも実際の病院の感染者数からすると少なく、どこにカウントされているのか、不明です。31日は、5名と少なく、30日に14名とされた感染者は、現状公開(5月31日公開の30日感染者数)されているのは、以下の通りです。

港区:1、新宿区:1、台東区:1、江東区:1、中野区:1、豊島区:1、板橋区:1、足立区:1、江戸川区:1、小金井市:3、国立市:1、西東京市:1
計14名

<6月2日追加>31日の5名という少なさは、以下の市町村ごとの増加数です。2日段階で対策本部報に掲載された数字です。以下、市町村別の増加数です。この段階でも小金井市でのクラスター発生患者数は含まれていない気がします。2日の武蔵野中央病院での感染者確認数は、患者12名、職員3名の15名と増え、計31名にまでなりました。少なくともこの15名がいつカウントされるのかを知りたいところです。明日の1日の数字には反映されていないという気がします、なにせ6月1日は13名。この市町村別内訳数字は、明日には確認できます。2日の15名は、2日以降なので、4日まで待たないと集計されないかもしれません。

新宿区:3、世田谷区:1、八王子市:1
計5名

<6月3日追加>1日の13名の市町村別の内訳が東京都の対策本部報で公開されました。以下をご覧ください。2日は、34名と増えているので、多分この中に、武蔵野中央病院のものが含まれるのではないでしょうか。1日の13名では、新宿区の5名がもっとも多く、前日の3名と合わせると8名でこれが多分、東京都の言う、夜の接待業での感染なのでしょう。

新宿区:5、世田谷区:3、中野区:1、豊島区:1、武蔵野市:1、多摩市:1、都外:1
計13名

<6月4日追加>ようやく、2日の30名越えの実態が見えてきました。2日の区市町村別感染者数は以下の通りです。区部は、大型繁華街のある区部で自粛解除の影響か、どこも増加しています。昨日までの新宿区がそうでもないのは、何か所もそうした深夜の飲食店での事例があるからなのではないのが見えてきます。都下の市部では、それほど増加していないのですが、小金井市の武蔵野中央病院の数字が反映したようで、小金井が7名と特出して、増えました。クラスター発見から、公開情報に反映するには、ここまで時間がかかることが見えてきました。

中央区:2、港区:6、新宿区:1、台東区:1、品川区:1、目黒区:1、世田谷区:1、渋谷区:3、中野区:2、杉並区:1、練馬区:1、足立区:1、江戸川区:1、府中市:2、小金井市:7、都外:2
計33名

小金井市議会傍聴環境づくり:2020年3月議会の閉会後開催される委員会審議内容調査

2020年5月開催の委員会審議内容の確認

新型コロナウィルス感染対策として、開催中止が続く、小金井市議会の閉会中に開催予定だった各審議会の審議内容をチェックしてみました。実際に必要な審議内容がどこまで審議され、どんな内容が審議されずに持ち越されたのかを知っておきたいと思いました。実施された審議会や全員協議会の審議内容をWeb傍聴し、どこまで審議予定内容が審議されたかを確認する予定です。そのための事前情報として、各委員会の「審議予定内容」とされていた内容を以下に転載しておきます。是非、Web傍聴して、確認してみてください。

“小金井市議会傍聴環境づくり:2020年3月議会の閉会後開催される委員会審議内容調査” の続きを読む

小金井市審議会傍聴環境づくり:審議会開催情報の告知調査:第40弾

2020年5月第2弾:5月11日の公式サイト告知調査から

前回の5月1日発行の市報告知では、かなりの数の審議会開催が予定されていましたが、多分、中止告知に変わるだろうと予測して、最も近い11日開催の市史編さん委員会直前に確認してみました。

案の定、公式サイト内での告知で以下のように4つの審議会は中止告知が確認できました。それ例外の開催も多分、中止となるのでしょう。また、チェックしてみます。

NEW!

5月15日号の市報で再確認をしました。15日号には審議会開催関連情報は一切掲載されていません。その意味では、公式サイトにアクセスできないと現状での審議会開催予定は確認できないということになります。もちろん、5月は中止と延期告知で、都市計画マスタープラン策定委員会のみの5月開催告知というのが現実ですが。(5/13)
公式サイトにて、「社会教育委員の会議:5/25開催予定」も開催中止が掲載されました。(5/14)

“小金井市審議会傍聴環境づくり:審議会開催情報の告知調査:第40弾” の続きを読む

防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集:小金井市編

国の厚生労働省や東京都の新型コロナウィルス対策も情報配信が進んでいるなか、小金井市も4月24日に緊急対策方針を公開しています。現状、それから、2週間という現時点での対策の具体的な情報を「対策本部会議録」などでかろうじて、把握できる程度ですが、毎日ワーキンググループでもチェックを継続しています。

小金井市への確認メール配信:

小金井市にこの緊急対策方針で見えてきていない以下に転載した方針の第1項目「いのちを守る」に項目の内、「発熱外来・PDR検査センターの整備」について、方針表明から、2週間後という時点でその現状の計画と進捗をメールにて問い合わせました。

一応、今回は。即時、返答対応しているという市長の部屋の問い合わせメールを利用してみました。

  1. 発熱外来・PCR検査センターの整備
  2. 医療機関や福祉施設におけるマスク等の調達支援
  3. 集団健診の個別健診化
  4. 施設の休館継続とイベントの延期・中止
  5. 市内公園における感染防止
  6. 各種手続きの郵送対応、各種相談の電話対応の推進
  7. 東京都知事選挙における感染症予防対策
  8. わかりやすくスピーディな情報提供

どんな返事がいつ来るのか?結果は、ご報告いたします。ちなみにPCR検査センターの設置を発表した東京都医師会の4月22日時点での報告をご紹介しておきます。こちらの発表時の資料をご覧ください。

“防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集:小金井市編” の続きを読む

生活環境部会の2020年度活動計画案の公開

部会長より:お礼と報告

2020年度の小金井市環境市民会議総会での発表を前に各ワークグループからの計画を調整し、まとめて部会計画を作成。運営会に提示しました。短期間での計画立案と調整をありがとうございました。詳細は、こちらをご覧ください。

各ワークグループごとの計画案詳細作成と第3次環境基本計画策定に合わせての修正や関係各団体との再調整などは随時お願いします。部会会議で「各関連団体活動の調整、統合機能の推進、拡大」は、昨年度同様、本年度も重要課題として採択されました。よろしく、お願いします。