栗山公園調査:植栽調査06「ユキヤナギ、雪柳」

小高い丘のようなDエリアの周囲は、トチノキが植栽されていますが、その足元には、ユキヤナギ・雪柳が植えられています。4月にはきれいな5つの花弁の花をさかせます。枝が延びて垂れ下がるのがほとんどですが、まだ、剪定されたばかりの株は、ツツジのように花をつけていました。

写真は、以下のマップの赤い点線の丸の位置のユキヤナギ群です。

Dエリアの小山の周囲、トチノキの足元に植栽されたユキヤナギ群の場所

ユキヤナギは、この小山の周囲にぐるりと植栽されています。剪定の状態で長く垂れ下がる株やまだ剪定後短い枝に白い花をつけて、垂れ下がるまで至っていない株など様々でした。

トチノキの足元に点在するユキヤナギ
5つの白い花弁がきれいに枝に連なるように開花するユキヤナギ

野生のユキヤナギは日本でも数少ないようです。実際に見ることのできるものは、園芸種として育てられているもののみのようです。植物としてのユキヤナギの説明は、こちらをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください