小金井市審議会傍聴環境づくり:開催告知の現状把握 その11

2019年3月の審議会開催の告知情報状況(3月15日市報発行時点)報告

恒例の審議会開催情報の告知状況調査です。3月15日の市報発行時点での同市報と小金井市公式サイト内の審議会開催予定コーナーでの告知との比較です。

以下の通りです。残念ながら、相変わらず、市報掲載の数の方がWeb告知より多い状態はかわりません。公式サイトでは、開催終了後の情報削除もできていないものがあります。教育委員会の開催情報は、市報でも審議会などの開催情報コーナーではなく、「教育委員会」の情報コーナーからの情報ですが、同じように掲載してみました。公式サイトでの教育委員会関連の情報掲載コーナーは、こちらになります。

会議名称市報告示公式サイト告示
公立保育園運営協議会〇3/16開催
社会教育委員の会議〇3/8開催△既に終了した予定がまだ掲載されています。
消費生活審議会〇3/19開催
市民健康づくり審議会△3/25開催(前号掲載)
青少年問題協議会〇3/27開催〇(3/8時点で掲載)
総合教育会議〇3/28開催
教育委員会〇3/28開催△別コーナーで告知
交通安全推進協議会〇3/27開催
都市計画審議会〇3/28開催
介護保険運営協議会〇3/20開催〇3/15掲載されました
地域公共交通会議〇3/25開催
保育計画策定委員会〇3/25開催
緑地保全対策協議会〇3/28開催
地域包括支援センターの運営に関する専門委員会〇3/28開催

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問3日目>渡辺大三

2019年3月議会:渡辺大三市議の一般質問準備編~事後編

以下で渡辺市議の一般質問の通告内容はご覧いただけます。

Web傍聴用の動画ファイルはこちらから。渡辺市議の当該質問は、同ファイルでは、48:00~

質問その1:新庁舎・福祉会館建設に向けて、市としての「考え」をもってのぞむべき

基本設計方針を提示して、委託業者への設計案に市庁舎や福祉会館の建設についての考え方を任せきりにしているという市側への批判をされています。具体的な「床面積の縮減」「建物の高さ制限」「駐車場は、地下に」「広場面積の確保」「災害時の施設利用計画づくり」「土日祝日・夜間の市民利用を想定した設計」「免震構造の採用」などを提示されています。本人資料として、具体的な計画案を提示されているのかは不明です。

質問その2:市職員の定数管理について

岸田市議も4日目に質問される予定の新たに制度化される「会計年度任用職員制度」に向けて、今後の職員配置の計画や考え方を正す質問のようです。会計年度任用職員制度についての資料は、こちらをご覧ください。同時に審議会委員や市議会議員の定数についての市長の見解を問い、その削減を視野にした質問のようです。

質問その3:街づくりに向けての市内設備(主に交通設備)への提案

渡辺大三市議は、毎回一般質問でこうした市内の交通設備などの改善提案を当該場所の写真などを提示して、なさっています。今回は、事前にそうした資料の提示をいただけなかったので、議場で資料を見て、より具体的にその必要性などを感じていただければ、質問内容も良くわかると思われます。Web傍聴では、言葉のみなので、あまり良く把握できないかもしれません。後日でも資料提示いただけることを期待したいと思います。

<渡辺大三の市議一般質問準備編 了>

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問3日目>湯澤綾子

2019年3月議会:湯澤綾子市議の一般質問準備編~事後編

以下で湯澤市議の一般質問の通告内容を確認いただけます。

Web視聴用の動画ファイルはこちらから、ご覧いただけます。

質問その1:インターネット上の人権侵害から市民を守るために

被害にあった市民などへの対策、学校における「ネットいじめ」の現状把握と対策を質問されるようです。

小金井市では、12月の上旬にある「人権週間」などでは、その対策、電話相談窓口開設などがおこなわれます。詳細は、こちらの市報の情報をご覧ください。ただ、年間を通じての対策、特に学校におけるいじめなどの現状の把握は、十分でないようです。平成30年度の教育指針などにもこうした施策の項目はあるのですが、実際にどのような活動が実行されているのかは見えてきません。

平成24年に行われた「いじめのないまち小金井宣言」も形だけで、実が伴わない結果となっているようです。以下にその宣言をご紹介します

○いじめのないまち 小金井宣言

平成24年10月1日告示第194号「いじめのないまち 小金井宣言」

未来を担う子どもたちが、笑顔とともに元気で、毎日を過ごすことは、みんなの願いです。ここに、「いじめのないまち 小金井」を宣言します。

一 こころをつなぎ「いじめゼロ」をめざします。

一 がまんをしないで相談します、相談させます。

一 ねばりづよく、かけがえのない命を守ります。

一 いじめをしない、させない勇気を持ちます。小金井市は、学校等、市民の皆さんとも力を合わせ、子どもたちが温かい人間関係を築き、夢と希望を持って健やかに育つことができるように、全力で取り組むことを誓います。


平成24年10月1日・小金井市・小金井市教育委員会

<宣言 以上>

問その2:不妊検査・治療の市の現状と充実

市の現状と今後の充実、推進を提案されるようです。確か不妊治療の助成についての推進は、平成28年の9月議会でも遠藤百合子市議が一般質問で提案されていた記憶がありますが、その後の市の現状と施策はどう変わってきているのでしょう?興味のある点です。

質問その3:学校給食への地場野菜の活用について

現状、江戸東京野菜を始め、地元で収穫された地場野菜は、JAを通じて、学校給食に活用されているとは聞いていますが、そのより一層の拡充を提案されるようです。議会でも食育推進議員懇談会というものがあるようです。こちらから、そのブログをご覧になれます。懇談会は継続されているのに2010年から2015年まで更新されていたのですが、2015年3月以降、記事が更新されていないのが、残念です。(よくある話ですが…)どなたが更新されていたのでしょう?最新(2019年2月に開催)の懇談会の報告は、こちらの白井市議のブログ記事やこちらの村山市議の公式サイトの活動報告でもご覧になれます。

<湯澤市議の一般質問準備編 了>

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問3日目>水上洋志

2019年3月議会:水上洋志市議の一般質問準備編~事後編

以下から、水上市議の一般質問の通告内容をご覧いただけます。

傍聴用動画ファイルは、こちらから。水上市議は、59:40~

準備編

質問その1:高齢者の生活支援について

負担軽減を国に求めるようにという意見や高齢者雇用の促進、一人暮らし高齢者への支援策などを求めるものです。また、成年後後見制度の拡充なども求められています。主に国の社会保障制度の改定による高齢者への負担増を背景に述べられています。現在は、第7期(H32年まで)に入っている小金井市の「介護保険・高齢者保健福祉総合事業計画」は、こちらから、ご覧いただけます。この現状についての質問や課題の論点は、水上市議の一般質問の詳細を傍聴してください。

質問その2:8050問題への対応と施策について

「8050問題」について、ご存じない方に簡単に以下にご説明しておきます

以前から、問題視されてきた「若者の引きこもり」という実態があります。この現象が長期化すれば、その親もやがては高齢となり、収入に関してやその介護に関してなどの問題が発生するようになります。これは80代の親と50代の子の親子関係での問題であることから「8050問題」と呼ばれるようになりました。

水上市議は、その対策として、相談事業やグループホーム設置などを提案されるようです。国の「ひきこもり施策」の方針は2015年に施行された「生活困窮者自立支援法」を基本にして若者の自立支援から福祉施策に変更して8050問題支援事業として施行されました。この法律の改正に関する国の施策については、こちらをご覧ください。

<水上市議一般質問準備編 了>

小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会・一般質問2日目>紀由紀子

2019年3月議会:紀由紀子市議の一般質問準備編~事後編

紀市議の一般質問の通告内容は、以下の通りです。今回は、事前に準備編をアップできなかったので、このタイミングとなりました。事後編は、Web傍聴後に順次アップしていきます。

一般質問の当該動画ファイルはこちらをご覧ください。1:00:20~

質問その1:国産液体ミルクの活用について(災害時・外出時)

この質問は、乳幼児用の液体ミルクのことをおっしゃっているようです。災害時に備蓄を進める提案は理解できるのですが、詳細は質問を傍聴してみないと不明です。

質問その2:通学路のブロック塀などの安全対策について

この提案は、都や国の同ブロック塀対策への補助金と連携して、小金井でも補助金を進めないかという提案です。小金井ではこうしたブロック塀の診断調査や生垣化の対策は進めているようです。詳細は、小金井市の公式サイトにあるこちらのページをご覧ください。こうした対策に加えて、実際の改修、改善への工事などの補助を進めるという提案のようです。

質問その3、4:東京都の「都市農地活用支援プロジェクト」を活用した農地の防災強化、「都市農地活用支援モデル事業」活用による高齢者向けセミナー農園事業について

この提案も東京都の制度を活用した形での市の施策提案です。東京都の「都市農地活用支援プロジェクト」や「都市農地活用支援モデル事業」については、よく知らりません。補助金ではなく、散在する農地を農業公園などとして自治体が保全・所有管理する制度としての「農の風景育成地区制度」があることは知っています。この制度の良しあしは別として、東京都都市整備局のこちらのページでその概要は知ることができます。

財団法人 都市農地活用支援センター(こちら)や農林水産省の事業はいくつかは存じあげています。農林水産省の「防災協力農地等地域支援事業」は、こちらからご覧いただけます。東京都の支援事業の資料が提示されるのでしょうか?詳細は、質問内容を確認してみたいと思います。

<紀市議一般質問準備編 了>

小金井市議会傍聴環境づくり:週末Web(傍聴)議会の試験実施へ

2019年3月議会の一般質問の傍聴環境づくりからの発展へ

先週4日に終了した一般質問。今回の3月議会での資料提示は、開催前提示が沖浦市議と白井市議の2名、事後は、たゆ市議と森戸市議の2名でした。習慣的に定着するというよりは、「忙しい中、協力いただけた市議は4名」という結果でした。もちろん、それでは傍聴環境づくりも進まないので、こちらでは、事前と事後に関連する情報へのリンクや可能な限りの掲示も進め、少しでも傍聴しやすい環境とはどんなものかを摸索してきました。その結果は、以下の質問一覧から、リンクした各市議の傍聴報告をご覧いただければわかります。

平成31年3月議会一般質問>週末議会ガイド
議員名質問内容
吹春やすたかオリンピック観光推進・武蔵小金井駅南口桜植樹・防災体制
鈴木成夫自主防災組織・医療ケア児受入れ
村山ひでき食育の推進・無電柱化推進
沖浦あつし小中学生のインターネット利用・第5次基本計画(学校教育・生涯教育・シティプロモーション等)
小林正樹青少年教育・障害者の社会参加
宮下誠オリンピックでの伝統文化イベント・新ファーマーズマーケット応援・こがねい安全・安心メール活用
白井亨小金井らしい新庁舎建設・都市計画道路問題・栗山公園のグラウンド整備
遠藤百合子スクールロイヤー制度導入・認知症条例の導入・歯みがき条例検討
河野律子栗山公園のグラウンド整備・地元業者のSDGs評価制度・全国大会出場団体支援・保育園の使用済みおむつ・親しまれる新庁舎建設
坂井えつ子ヤングケアラー支援・福祉売店の再開・都市計画道路問題
板倉真也視覚障碍者の移動支援・学童保育への対策
紀由紀子国産液体ミルクの活用・通学路ブロック塀の安全対策・農地の防災強化・高齢者のためのセミナー農園整備
たゆ久貴災害対策・高齢者への障害福祉サービス問題
渡辺ふき子新福祉会館への子育て世代包括支援センター設置・女性やLGBT施策の推進・ペットと暮らす環境づくり
片山かおる子どもの権利条約の具体施策化・原発事故避難者の支援と居住支援協議会設置・放射能副読本の活用
水上洋志制度改定後の高齢者への生活支援・8050問題への対応
湯澤綾子インターネットの人権侵害対策・妊娠前の支援・学校給食への地場野菜活用
渡辺大三新庁舎建設へのしっかりしたビジョンと計画づくり・市職員の定員管理・まちづくり、施設等の計画への提案
岸田正義会計年度任用職員・行財政改革2020
斎藤康夫生産緑地の改訂と今後
田頭祐子こがねいプラごみゼロ宣言・空き家活用・子どもの虐待防止
森戸洋子子どもの虐待防止・消費税・国保税制度

第三期としての実験はここまでの成果を昼間働いて忙しい小金井市民のために週末に傍聴いただける場づくりに利用してみてもらうという試みです。題して、「傍聴ランチ」「傍聴宴会」というわけです。市内のお店の協力を得て、実験をしてみたいと考えております。乞うご期待