雨水浸透設備調査:道路浸透桝編 その7

2019年2月14日:道路浸透桝工事見学第2弾>深削工事見学編 その1

今回から、2回シリーズで2019年の小金井市下水道課の市道道路浸透桝工事の第2弾である「深削工事見学」の詳細をご紹介します。場所は、第1弾同様に栗山公園西側の道路です。前回の見学場所より、幾分北側の東京農工大学の東門の北側、食堂施設の東側にあたる場所での見学です。

参加者にもヘルメットが配られ、いよいよ見学開始!

見学は、この雨水集水ます浸透化工法という工法の技術を提供している「全国非開削普及協議会」の方の説明があり、工法に関する資料なども提供していただき、非常に良くわかるものでした。

工法ガイドによる工程説明

見学が始まったのは、上記の工程では、4番目の「深削管推進工」という浸透させるための管を取り付けるための穴をスクリューのようなドリルで掘っていく工程でした。以下のような油圧式の施工機械が既に取り付けられ、スクリューオーガというドリルで掘り進んでいる段階でした。

実は、丁度見学が始まったときにトラブルは起こりました!ドリルが何かに当たって、音がして、掘る作業が止まりました。どうやら、柵の向こう側に植わっている樹木の根が侵入してきていて、ドリルに当たったようでした。組み立て式で幾つかのパーツをつぎたして堀進めるスクリューオーガを急遽引き上げて泥が巻き付いたものをクレーンで釣り上げて、確かめる作業となりました。以下は、その泥を酉ながら、実際に絡んでいる樹木の根を確かめているところです。かなり絡みついているようでした。

こうした最新の注意を計りながら、堀進められ、スクリューの長さから、予定の深さに達したかを計測して、それを記録します。

掘られた穴には、浸透構造のある下のような管が設置され、さらにその中に小石を詰め、浸透しやすくしていきます。

浸透管
深さを測りながら、小石を詰めていきます。

完了すれば、油圧で深削する機会は、クレーンで引き揚げ、取り去られ、最後の工程に入っていきます。

油圧深堀設備をクレーンで釣り上げて取り外します。

浸透用の小石が詰まった状態の完成した浸透桝は、以下のようになっています。

完成した別の浸透桝を見てみました。

実際には、この管の上部にフィルターを設置し、メンテナンスしやすくします。以下のフィルター構造の説明をご覧ください。

メンテナンス用のフィルターとは

実際に設置されるフィルターとその設置状態は以下のようなものです。

用意されたフィルター部分
設置完了したフィルター

今回の工事説明はここまでです。その後、栗山公園の健康運動センターの喫茶室で今回の工事の振り返りと今後の工事見学と道路浸透桝の現状把握について、参加者で討議をしました。その内容は、次回にご紹介します。

<第2弾 工事見学 了>

東京都におけるカラス対策の今

東京都環境局自然環境部に聞いた都内のカラスについての情報から

動物との共生ワーキンググループで続けている市内の野鳥観察会同行で実施した「野川公園の野鳥観察会報告」で発見した野川公園内のカラスの捕獲用トラップとその効果について、東京都環境局に問い合わせたところ、その返事が来たのでご紹介します。返事は、環境局の自然環境部計画課鳥獣保護管理担当から届きました。以下にそのメール文をそのまま、ご紹介します。

<メール文、転載>

野川公園内のカラス捕獲トラップについてお問い合わせいただきありがとうございます。

東京都では、平成13年度から野川公園を含めた都内各所において捕獲トラップによるカラスの捕獲を行い、個体数を減らす取組を進めております。

○ 捕獲実績等

都内のカラスの生息数は、平成13年末には約36,400羽であったのが、平成29年末には約8,600羽まで減ってきております。 野川公園を含めた都内全体のトラップによるカラス捕獲数は平成29年度においては7,051羽でした。

○ 設備管理

エサの交換・清掃等の維持管理を定期的に行っています。

○ 運営方針

都のカラス対策は、トラップ捕獲とあわせて、防鳥ネットの普及等のゴミ対策を行っています。今後も、この2つの取り組みを継続する予定です。

なお、東京都環境局のホームページで資料をご覧になることができます。「分野別のご案内→自然環境→野生動植物の対策→カラス対策」です。 また、都立野川公園は建設局の所管であり、公園の管理についての問合せについては、野川公園サービスセンター(0422-31-6457)となります。

<転載、以上>

確実にカラスは都内では減ってきているようです。実際にこうした野鳥の生息分布などの調査については、東京都鳥類繁殖分布調査というサイトがあるので、そちらをご覧ください。最新の大規模な調査も2020年をめどに開始されているようです。

小金井市審議会傍聴環境づくり:開催告知状況の調査 その16

2019年4月番外編:第3弾の番外編

実は、市報での審議会開催情報は、表組になっているのですが、それ以外の記事部分にも関連の会議開催情報はあります。今回気が付いたのは、「教育委員会」というコーナーでの定例会開催などの情報です。

4月15日号での情報は、3月28日に開催された定例会の報告と次回の開催予定です。4月15日号ですから、当然、3月28日開催の定例会は、報告です。どんな内容かという項目だけの紹介で、詳しくは会議録をという報告です。実は、3月開催の定例会の会議録は、次回の4月の会議で承認を受けてから、公開されるので、どんなに早くとも5月以降の公開です。実際、現在、公式サイトなどで公開されているのは、1月開催の定例会会議録で、2月の定例会で承認され、公開されたわけです。そうすると2月の定例会の会議録は、今回3月28日に承認されたわけですから、その後、半月以上は公開されないというスケジュールです。良く覚えておかないと市報を見て、この定例会の内容を知りたくとも、2ヶ月は待つということを認識する必要があります。「それ以前に知りたければ、傍聴する」しかありません。

また、次回の委員会は、4月15日開催。つまり、この市報の発行日です。急いで、傍聴に駆け付ける必要があります。もちろん、4月15日よりは前に届くことがほとんどですから、ちょうど、時間が空いていれば、間に合います。このペースだと、その次の日程も教えていただければいいのですが…。決まっていないのでしょうね。残念です。

でもご安心ください。教育委員会だけは、先まで開催予定が決まっているのです。小金井市公式サイトのこちらに掲載されています。ほっと一安心です。後は、傍聴できなかった場合の会議録だけですね。

小金井市審議会傍聴環境づくり:開催告知状況の調査 その15

2019年4月第3弾:4月15日市報発行後の報告

今回も市報掲載される審議会情報は、公式サイトには掲載されない傾向があるようです。掲載数も最も多いのが市報であることは変わりません。もちろん、全て掲載されるわけではないので、公式サイトの検索も必要になることは変わりません。掲載頻度、スペースの制限がないなどのメディア特性から、公式サイトが最も多くなるのが普通のように思うのですが、残ながら、そうはなっていません。公式サイト内での告知は、一部のみですが、その中で見れば、新着情報コーナーがもっとも掲載数が多いようです。

会議名称市報告示公式サイト:新着情報公式サイト:イベントカレンダー公式サイト:審議会開催予定
社会教育委員の会議〇4/1号掲載(4/22開催)

公民館運営審議会〇4/1号掲載(4/18開催)
みんなの給食委員会運営委員会✖(但し、平成30年度の会議録アップが4/5に掲載)〇4/22開催
市民協働推進委員会〇4/1掲載〇4/18開催
はけの森美術館運営協議会〇4/15号掲載(4/24開催)〇4/9掲載(4/24開催)
土地開発公社評議会〇4/15号掲載(4/22開催)〇4/9掲載(4/22開催)〇4/22開催
保育計画策定委員会〇4/15号掲載(4/19開催)
3市ごみ減量推進市民会議〇4/15号掲載(4/23開催)
廃棄物減量等推進審議会〇4/15号掲載(5/10開催)
児童発達支援センター運営協議会〇4/15号掲載(5/14開催)
子ども懇談会〇4/10掲載(5/22開催)〇4/10掲載(5/22開催)

小金井市審議会傍聴環境づくり:開催情報の告知状況調査 その14

2019年4月第2弾:4月15日市報発行直前の公式サイトでの告知状況調査

小金井市公式サイトでの開催告知は、次の3ヶ所に分かれているので、それぞれにどんな形で告知されていくのかをご覧ください。「審議会等開催予定」「新着情報」「イベントカレンダー」の3ヶ所です。今回から、新着情報や審議会などの開催予定などでの告知は、情報が掲載された日にちも記載するようにしてみました。

会議名称市報告示公式サイト:新着情報公式サイト:イベントカレンダー公式サイト:審議会開催予定
社会教育委員の会議〇4/1号掲載(4/22開催)

公民館運営審議会〇4/1号掲載(4/18開催)
みんなの給食委員会運営委員会✖(但し、平成30年度の会議録アップが4/5に掲載)〇4/22開催
市民協働推進委員会〇4/1掲載〇4/18開催
はけの森美術館運営協議会〇4/9掲載(4/24開催)
土地開発公社評議会〇4/9掲載(4/22開催)〇4/22開催

新たに追加された情報に関しては、基本、「新着情報」のコーナーでの告知数が一番多いようです。その内一つのみが「審議会等の開催予定」に告知され、イベントカレンダーには全く反映されませんでした。4月1日号の市報に掲載された審議会情報は、もうそれだけで十分ということか、その後も一切、公式サイトのどのコーナーにも掲載されません。もうじき発行される4月15日号には、この新たな2つの審議会開催情報は掲載されるのか、楽しみです。市報に掲載されるためには、かなり前に原稿として、秘書課に提示されている筈なので、どんな審議会の告知が載るのかは、興味津々です。

動物との共生:地域猫に関するガイドブックを東京都が更新

ガイドブックを10年ぶりに更新!

東京都福祉保健局、平成11年に出された東京都動物保護管理審議会からの答申を受けて、平成13年度から15年度までの3年間、「飼い主のいない猫との共生モデルプラン」を実施してきました。この取組を行う地域を「モデル地域」に指定し、住民の合意形成に向けて、当該地域の区市町村及び東京都が連携し、約1年間の支援を行い、モデル地域として指定した地域は、3年間で20か所にまでなったようです。取組を反映して、地域で実際に行われた代表的な取組を盛り込んだガイドブックを作成しました。そのガイドブック作成から10年以上が経過しました。この改訂版が平成30年に発行されましたので、ご紹介します。

こちらの東京都福祉保健局のコーナーから、PDFをダウンロードして、ご覧いただけます。

また、同東京都福祉保健局にある「不幸な猫をなくすには」というコーナーはこちらをご覧ください。