防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集 小金井・都内区市部詳細編>第3段階へ

2020年9月1日より、第3段階の報告を開始します。

従来の毎日報告と合わせて、特徴的な対応をする自治体や医療体制の現状なども可能な限り、報告をしていくつもりです。相変わらず、入院・療養等調整中や移管中の数字は高いままです。世界的な第2次感染が猛威を振るう中で、日本はどのような対応を考えていくのでしょう?

2020年9月20日報告

200名声が続きます。退院・療養中止者も100名代ですが、200名超えのために入院患者が増えない分は、自宅・宿泊療養、待機調整中の陽性者の総数がまたも1,100名越えです。区部の増加が沈静傾向な中、市部の増加が目立ってきています。

18日の感染者増加数:
中央区:5、港区:4、新宿区:7、文京区:1、台東区:8、墨田区:5、江東区:10、品川区:8、目黒区:5、大田区:9、世田谷区:16、渋谷区:11、中野区:5、杉並区:6、豊島区:6、北区:4、板橋区:8、練馬区:7、足立区:7、葛飾区:7、江戸川区:16、八王子市:9、立川市:1、武蔵野市:2、青梅市:3、府中市:7、昭島市:1、調布市:5、町田市:3、小金井市:2、小平市:1、国分寺市:1、国立市:1、東久留米市:1、多摩市:1、稲城市:1、西東京市:1、日の出町:1、都外:14
計220名

19日の感染者増加数:
218名
(濃厚接触者:91名、調査中:127名、10歳未満:3名、10代:11名、20-30代:91名、40-60代:96名、70-90代:17名)

<9月19日:新判断基準での報告>

新判断基準では、数値が下がっている分、新たな判断基準も必要な時期かもしれません。


“防災・減災ワーキンググループ:新型コロナウィルス対策の情報収集 小金井・都内区市部詳細編>第3段階へ” の続きを読む

小金井市議会傍聴環境づくり:2020年9月議会一般質問:3日目:事後編・週末Web傍聴

2020年9月8日:2日目:事後・週末Web傍聴用

2日目の6名の市議のうち、坂井市議と片山市議には、事後に資料データの提示をいただきましたので、この2名の市議は、資料掲示ページを作成しています。

以下の通告内容の一覧表の各市議の氏名の下に同ページへのリンクを作成していますので、そのページから、掲示した資料をご覧になりながらのWeb傍聴をお勧めします。それ以外の市議のお名前は、直接、各市議の当該動画ファイルにリンクしていますので、動画の開始時間を参考に書く動画ファイルで傍聴をどうぞ。

一般質問  令和2年9月8日(10:00~)
発言順議員名発言内容
1 10:04~清水がく〇前回の定例会で取り上げた質問について(飲食店の路上利用に伴う道路占有の取扱い、家族介護者やヤングケアラーの理解促進について)
〇消防団活動について
〇市長の提出した優先整備路線に関する要望について
〇来年度成人の日記念行事について
2 11:04~坂井えつ子資料掲示ページへ〇すべての人の“移動の自由”を確保しよう(障害福祉サービスにおける移動支援など)
〇防災目的を超えての樹木伐採にNO!(玉川上水沿いでの伐採について)
3 13:00~渡辺大三〇新庁舎・福祉会館建設での諸問題について(工期短縮によるコストダウン、広場の確保、陽当たりと免震構造について他)
〇議員提案で設置した「新型コロナウィルス感染症対策基金」の積極的な積み立てを
〇職員定数条例に関するその後の検討は
4 14:01~斎藤康夫〇新型コロナウィルスの現状について課題(現状の感染状況の把握と検査、活動自粛について、行政のコロナ対策について、メディアの報道姿勢について、経済対策・影響について、市民の受け止め方など)
5 15:30~片山薫資料掲示ページへ〇生活保護は市民の人権を守る重要なセーフティーネット。ハウジングファンドを実現しよう(三多摩自治体アンケートについて、無料低額宿泊所について、小金井のゲストハウスについてなど)
〇明石市のコロナ対策やこども施策を参考に子どもを核とした町に(同市の施策と小金井の施策の比較、給食・保育の無料化、30人学級の実施につぃて、ひとり親支援について)
〇子どもの権利に基づいた学校運営を(少人数学級の検討、オンライン学習における子どもの負担考慮と催しについて)
〇子どもオンブズパーソン設置の検討
6 16:30~紀由紀子〇コンビニとの地域包括連携協定を充分に活かせ(東大和市を参考にペットボトル回収事業を検討など、AEDの設置など)
〇市の防災対策の拡充を(乳幼児用液体ミルクなどの備蓄品の拡充を、感電ブレーカーの周知と啓発を)
〇失語症の方の支援に関わる仕組みをつくり、支援を

小金井市議会傍聴環境づくり:2020年9月議会一般質問3日目>片山薫市議:事後・週末Web傍聴編

2020年9月8日一般質問:片山薫市議>週末Web傍聴用

片山市議からも、一般質問後に資料データをお送りいただいたので、以下の通告内容とともに掲示しました。当該動画ファイルでのWeb傍聴と並行して、ご覧いただければ幸いです。

傍聴用の動画ファイルはこちらから、ご覧ください。質問開始は、15:30頃からです。

1.生活保護は市民の人権を守る需要なセーフティーネット

関連資料は、以下の通りです。

2.明石市のコロナ対策や子ども支援策を参考に子どもを核とした町に

関連資料は以下の通りです。

3.子どもの権利に基づいた学校運営を

資料は以下の通りです。

<以上です>

小金井市議会傍聴環境づくり:2020年9月議会一般質問3日目>坂井えつ子市議:事後・週末Web傍聴編

2020年9月8日一般質問3日目:坂井えつ子市議・資料掲示

坂井市議からは、一般質問後に資料を送付いただけましたので、本ページに掲示してあります。以下の通告内容に合わせて、掲示した資料を見ながらの傍聴をお勧めします。

傍聴用動画ファイルはこちらから、どうぞ質問開始は、11:04分頃からとなります

1)すべての人に“移動の自由”を確保しよう

資料は以下の本人資料です。

2)防災目的を超えての樹木伐採にNO! 玉川上水沿いではすべての樹木のいのちを尊重しよう!

資料は以下の本人資料です。

<以上です>

小金井市議会傍聴環境づくり:2020年9月議会一般質問>2日目事後編・週末Web傍聴

2020年9月7日・一般質問の週末Web傍聴用

一般質問をされた市議と通告内容は、以下の通りです。白井市議と水谷市議は資料を提供していただけたので、資料ページで資料を掲示しつつ、傍聴いただくことができます。是非、ご利用ください。各市議名から、それぞれの動画ファイルにリンクしています。

一般質問  令和2年9月7日(10:00~)
発言順議員名発言内容
1 10:07~白井亨
資料掲示によるページはこちらから
〇GIGAスクール構想、子どもたちによってより良い学びの環境になるために
〇これからのリユース事業について
〇新型コロナウィルス等感染症対策にもなる自治体DX変革の一歩を
2 11:04~水谷たかこ資料掲示ページはこちらから〇新しい生活様式をよぎなくされている市民のために(学びを止めないために、傍聴環境を整えるための具他的な取り組みは?、放課後こども教室の再開見通しについて、こどもの健康への影響について、成人を祝う会はどうなるのか)
〇特別定額給付イン事務を振り返って(どう総括するか?、今後の事務に活かせることは?)




(
3 13:01~遠藤百合子〇「こども宅食」の取り組みを検討しないか(子ども食堂の現状と課題、コロナ禍でのこどもたちの見守りは?、支援対象児童見守り強化事業について、こども宅食の導入検討を)
〇再犯防止事業の推進をどう考えるか
〇文化財センター敷地内の倉の修繕状況は?
〇薬物乱用防止の更なる推進を
4 13:44~宮下誠〇市民の健康増進について(がん対策の推進、小中学校における「がん教育」について、健康マイレージ事業の更なる拡充を)
〇Withコロナ時代へ向け、新たな取り組みを(市民が得するマイナンバーカード関連情報を、市職員を対象としたテレワーク導入を)
〇市民掲示板の適正は利用に向けて(利用ルール、利用実態の把握、ルールの周知徹底と適切な対応を)
5 14:41~、15:48~渡辺ふき子・前編後編〇新型コロナウィルスに感染された方への支援について(自宅療養者への対策、差別や中傷への対策を)
〇都市農地を守るための農地保全方針の策定を
〇鳩への迷惑な餌やりへの対策を(効果的な具体策を、禁止する条例制定を)
6 16:22~板倉真也〇コロナ感染対策とし、市内発熱外来の早期確立を(PCR検査センターの課題、発熱外来の体制充実への助成金などを)
〇保健機能の体制強化を(小金井市保健センターの充実を、保健所の機能強化と増設を東京都に要望を)
〇公共料金・税などの軽減を

小金井市議会傍聴環境づくり:2020年9月議会>予算特別委員会の緊急傍聴へ

2020年9月16日予算特別委員会:行政提示資料あり(公開中)

なんと片山市議からの情報で、この16日予算特別委員会に関しては、行政提示資料が公式サイト上に公開されていることを知りました!!びっくりです。うれしい反面、このページでは、対応しきれません。兎に角提示された資料の概要を以下にお知らせするとともに当該PDFファイルを手元にWeb傍聴されることをお勧めします!

是非この予算特別委員会は、週末Web傍聴でも資料と並行して見やすいようにサイト構築をしてご提供したいと思います。乞うご期待ください!

資料PDFは、市の公式サイトのこちらから、ダウンロード可能です。

資料の概要一覧は以下の通りです。PDFは大きなファイルなので順番に並んでいるので、審議に合わせて当該資料をご覧ください。

中継動画は、こちらをご覧ください。

<9月18日更新>

予算特別委員会の事後Web傍聴用には、動画ファイルは、以下をご覧ください。

10:00~12:59~15:29~

小金井市環境市民会議定例会を受けて

2020年9月15日市民会議定例会開催報告

コロナ禍での、Zoom会議なども駆使しての久しぶりの定例会開催でした。第3次環境基本計画における「環境市民会議」の立ち位置、役割などの討議(というよりは、各参加者の意見表明)が行われました。普段の恒例の運営会以外の顔ぶれで幾分違った意見もあるものの、基本は、本来の環境市民会議の「市民団体のネットワーク推進」という活動目的を再度、推進すべきという意見に終始しました。もちろん、今まで推進しようとして、できてこなかったという反省の上に立ってのものです。結論は、もっと事務局機能を行政に費用、人的支援をもらえないと継続できないという執行部の従来からの意見を再確認し、参加した環境政策課の職員に再度、持ち帰って検討してほしいというものでした。市議でもある会員からは、正式な予算要求を陳応すべきという具体的な意見もでました。

生活環境部会の活動に参加、支援いただいている皆様には日ごろより、お話していた市民会議の基本的なビジョン(すべての市内に居住する人・市民のみでない、通勤、通学する人やその所属する団体も含めた環境保全と改善活動)と方向性を再度提案するにとどまりました。参会者は、皆、「そうしたビジョンを掲げたからといってどうなるの?」といった表情の会員が多いようでした。高齢化、マンネリ化などいろいろ理由は延べられますが、全ては基本ビジョンに従った計画づくり、組織化ができていないことの意味は伝わらなかったようです。残念です。

これからも、本部会では、このビジョンを元に地道に作業を積み重ねていきましょう。