動物との共生ワーキンググループ(Symbiosis with animals Working-group)

このワーキンググループは、部会のテーマである

動物との共生(ペット、野鳥、虫)と害となる動物昆虫などの駆除(ネズミ、モグラ、カラス、白アリ、ヒアリ、スズメバチなど)を進めることによってより快適な生活環境を獲得する目的で活動しています。

2017年度は、以下の活動を計画しています。

<ペットとの共生>

H29年度情報把握の目標:働く家庭、独身(高齢者、単身者)宅でのペットシッター需要とその現状把握と対策案づくりの準備(H29年度)

*行政、地方自治体の動物愛護などへの施策や公益社団法人 日本愛玩動物協会の愛玩動物飼養管理士資格(資料収集済)とその現状把握のための情報収集

1)Web調査

地域の動物に関する行政情報 *小金井市役所のペットに関する情報 東京都の動物介護荘相談センターの収容動物に関する情報 *

2)直接ヒアリング:アポイント中(年内訪問予定)

<野生動植物との共生>

自然環境保護、生物多様性の保全となる「野鳥、昆虫、野草など、地域における絶滅危惧種の保護」:具体策、地域別の市民活動との連携のための情報把握と連携の模索(H29年度)

<動物との共生>

行政、市内及び近郊各地域の市民団体の活動の現状調査開始(8月~)

*動物別の現状把握(12月~)

●狸・ハクビシン ●野鳥(カラス・ハト・その他) ●

<植物との共生>

*地域コミュニティの緑、花の拠点=公園などの植栽を考える

●植栽の現状を知る(行政施策、市民活動) ●花を楽しむために ●

毎日の活動レポートなどは、投稿から、カテゴリーの「動物との共生プロジェクト」を選ぶと最新の活動を知ることができます。