市政点検ワーキンググループ(Inspection of City Administration)

このワーキンググループは、小金井市の行政との協働を推進する環境市民会議にとって、よりよい協働を実現するための活動の一つとして始まりました。具体的には、小金井市政への理解と現状把握を行政から提供されるものだけでなく、自らの目で、市議会やその他行政の付属機関など、各地域での行政活動の実態も含め、把握していく目的で設置されました。

<ワーキンググループのビジョン>

小金井市では、様々な方法で市政の情報が提供されています。市民には、行政情報については、市の公式サイト、市報、掲示板などで。また、市議会などや市長の付属機関としての審議会の情報は、有識者や市民による協議会、委員会などの情報も公式サイトや配布物で知らされています。

しかし、こうした情報は、どこまで市民に届いているのでしょう?市民の側も、しっかりとこうした情報を把握するという意識が低いのが現状ではないでしょうか?情報提供されてはいるものの、良く解らないとか、実態の把握に至らないというのが現状です。生活環境部会では、各ワーキンググループの活動を支援、補う目的と市との協働の仕方をさらに進めるためにこのワーキンググループを立ち上げました。

そのための現状把握(information)、意識改革(awareness reform)から、学び(education)、システム改革、利用方法の改革(action)を進めていきます。まずは、既に協働目的で市民会議への会議参加をしている環境政策課などからの情報に加え、「その他の機関での情報提供の現状を知ること」から、始めていきます。

活動の詳細は、カテゴリー「小金井市施政、市議会を知る」をご覧ください。定期的な報告は、このコーナーでもまとめてご報告いたします。

*2018年度の活動計画:

小金井市市議会での議員討議と現状を把握する。さらには、市長の付属機関としての審議会や有識者による委員会、市民参加による協議会などの情報を把握していく。

第一期(2018年3月~6月)活動:>詳細は、準備期実施期をご覧ください。

*小金井市議会の現状把握とネット傍聴環境の試行:

1)市民による市議会傍聴環境づくり:現状の市議会への傍聴参加やWebでの中継、配信情報での傍聴など、それぞれの環境での傍聴する市民がより理解しやすく、内容を把握しやすくするための環境づくりを摸索する。>

第一期目標:

市議会傍聴環境づくりプロジェクト

市議会での市議と同様の情報環境(市よりの提出資料、市議からの質問詳細や資料)の把握ができるような傍聴環境を摸索する。現状、議会運営改革委員会などでも傍聴者への情報提供が議論されているようですが、その仕組みをより実現に近づけるために市民(生活環境部会)での傍聴用情報提供頁づくりを進める。>個別の市議より、情報提供を受け、事前にWeb上に配置して、そうした資料を見ながら、傍聴席(タブレット持参)や自宅(Web配信画像と一緒にPC画面で)で傍聴しやすくする。

●市議会傍聴環境づくり実施具体計画と報告

*3月までの市議会での試行>一部市議のものを報告 *6月市議会での試行>こちら

*審議会の現状把握

第一期目標:

各環境関連審議会の現状把握と課題の整理

現状、かなり多くの審議会が開催されており、傍聴回数も多くなるので第一期は、現状把握を中心に課題整理に行う。ただ、傍聴席に傍聴者への「意見提出シート」の無い審議会については、その用意を必ず打診、要求することを実施中。環境関連の審議会は、3年前より、実施しています。具体的には、以下の審議会等です。

*環境審議会、緑地保全対策審議会、地下水保全会議、玉川上水・小金井桜整備活用推進会議

ただ、現状は、環境市民会議の他のメンバーが委員として参加している、または市民公募委員として参加している「環境審議会」や「緑地保全対策審議会」の傍聴は、毎回はしていません。ごみ関連の審議会は、ごみ部会が担当していますが、現状、ごみ部会は休会状態のため、2018年8月より、本部会でも順次、傍聴を開始しました。

第二期(2018年9月~12月)活動:>詳細は、こちらから

第二期目標:

市議会傍聴環境づくりプロジェクト

第一期に引き続き、市議会での市議と同様の情報環境(市よりの提出資料、市議からの質問詳細や資料)の把握ができるような傍聴環境を摸索する。>個別の市議より、情報提供を受け、事前にWeb上に配置して、そうした資料を見ながら、傍聴席(タブレット持参)や自宅(Web配信画像と一緒にPC画面で)で傍聴しやすくする活動の範囲を広げ、より多くの市議の参加を促し、手法の改善も検討していきます。議会運営改革の進み方も確認しながら、参考にしやすい環境づくりを目指します。

●市議会傍聴環境づくり実施具体計画と報告

*9月市議会での試行>実施概要は、こちら傍聴報告は、こちら

審議会傍聴環境づくりプロジェクト

第一期に調査した、市側の審議会の各種情報の提供不足部分の改善を要求していくと同時に傍聴する審議会の数を増やし、傍聴実績を増やしていくことで、全体の状況把握につとめる

●審議会傍聴環境づくり実施具体計画と報告

*2018年6月~9月までの各審議会傍聴調査>こちら

具体的に審議会報告を実施したのは、第一期の環境関連審議会に加えて、以下の審議会です。

*社会教育委員の会議 *廃棄物減量等推進審議会 *まち・ひと・しごと創生総合戦略会議 *行財政改革市民会議

また、詳細な報告はしていませんが、継続して傍聴している審議会は、以下通りです。

*都市計画協議会 *青少年問題協議会 *市史編さん委員会 *男女共同参画推進会議 *公民館運営協議会 *図書館運営審議会 *みんなの給食委員会 *アニメ協議会(傍聴でなく、参加) 他

第三期(2019年1月~5月)の活動>こちらから

いよいよ、市議会も一般質問を傍聴して、1年。まだ、増えるどころか、資料掲示に参加していただける市議は、毎回かならず、提示いただけることも稀で、1回は試してみたという程度の参加がほとんどです。もちろん、毎回提示いただける市議もおられます。中々ハードルは高そうです。

3月議会の詳細報告は、こちらをご覧ください。

審議会傍聴環境づくり:第三期へ

環境関連の審議会の傍聴をしてきた第一期。その後、傍聴する審議会を増やし、様々な課題を発見するための範囲拡大をした第二期。そして、今回の第三期は、傍聴で見えてきたそれぞれの課題により注目して、その解決への作業に入ってきました。現状での報告は、こちらをご覧ください。

1)現状課題調査:行政による審議会開催告知という作業の課題、改善を目的に「審議会開催告知状況の報告調査(市報、公式サイトなどでの告知状況)」を毎月定例化して、実施してきました。詳細は、こちらをご覧ください。さらには、

2)週末Web傍聴ができる環境づくり:一般質問の全市議の内容を網羅して、平日に議場で傍聴できない市民のために週末にWeb上でゆっくり傍聴できるようなコーナーの作成をしてみました。そして、試験的な試みとして、こちらのページをつくりました。さらには

3)「傍聴非常事態宣言」発信!:審議会などでなされてきた「提言・答申」の実現に向けた現状の課題提示(特定審議会をサンプルに)してみるなどの活動をしてきました。第1弾の3回シリーズは、こちらをご覧ください。

こうした試みをどのように第四期に繋げるか?少し、次期は、仲間を増やし、傍聴を楽しむ、「傍聴ランチ、遠足」「傍聴宴会」にシフトしてみようと思っています。

●市職員の現状把握とコミュニケーション基盤づくり計画と報告

NEW!第一期:2019年6月~10月

直接、各部署の作業の市民による支援を核に職員とのコミュニケーション環境づくりを推進していきます。第一弾は、自治労小金井市職員組合を通じてのコミュニケーション環境づくりです。

職員間のネットワーク、情報交流支援プロジェクト:第1弾:職員間の情報交流、コミュニケーションの現状調査設計(2019年6~8月)