地域コミュニティづくりワーキンググループ(Making Local Community Working-group)

  • 地域コミュニティづくり:モデルエリア研究と試験的な基本設計実施

第一期:公園を核としたコミュニティ形成へ

設置準備>モデル公園「梶野公園」(2017年12月~2018年4月)

*梶野公園サポーター会議の実例研究>

環境政策課公園係の主導で、梶野公園の利用を目的とした地域住民による協議会が母体となって、生まれた梶野公園サポーター会議。その経緯などを研究し、地域における公園を核としたコミュニティづくりの課題と可能性について研究する。部会の基本方針である4つのフェーズ「環境意識(Awareness)の醸成」「環境情報(Information)の獲得」「環境学習(Education)の実施」「環境行動(Action)の喚起」を実現では、第2フェーズの「環境情報の獲得(Information)」に相当する活動で、この地域を含む、小金井市域の他の地域での実例を知るための活動です。。

具体的には、行政資料や同サポーター会議に取材し、活動の経緯や現状の活動状況、課題などの情報収集していきます。

1)梶野公園サポーター会議のサイト(Googlesite)>こちら

2)小金井市役所の資料

梶野公園活用計画作成調査報告書 ●同活用計画報告書(委託) ●梶野公園ニュースレター(1~5号) ●

*公園コミュニティの基本試案づくり(環境政策課の公園係と連携したり、地域住民有志との討議を重ねて、試験エリアでの実施を模索する:部会の基本方針である4つのフェーズ「環境意識(Awareness)の醸成」「環境情報(Information)の獲得」「環境学習(Education)の実施」「環境行動(Action)の喚起」を実現では、第2と第4のフェーズの「環境情報の獲得(Information)」と「環境行動の喚起(Action)」に相当する活動です。実際の活動の中で、第3のフェーズである「環境学習の実施(Education)」も実施していく計画です。実際に栗山公園(中町2丁目エリア)での実践を模索していきます。

栗山公園モデルづくり

設置準備の第一期として、中町の栗山運動公園とその周辺エリアでの地域コミュニティづくりを検討していく。

プロジェクト:A

1)現状の栗山公園の利用状況と池、植栽、設備、施設などの概要把握と公園以前この土地の用途、歴史の調査

行政資料:●市が管理する公園の団体利用について ●栗山公園のバーベキュー場の使用申請について ●公共施設等総合管理計画(概要版) ●公園等利用実態調査報告書(平成27年) ●小金井市公園緑地調査(2007-2011) ●同緑調査(写真編2005年) ●

現地調査:

●歴史調査(その1公園となる経緯その2薬用植物園01その3東京薬科大のグラウンドから、薬用植物園利用へ・その4「東薬会会報を読む」(123)・

●植栽調査(その1寒椿その2寒椿その3椿その4馬酔木その5クヌギその6ユキヤナギその7健康運動センター北側通路のツタ植物調査その8ツタ植物1:カロライナジャスミン・) ●スポーツ施設設備実態把握と利用調査(委託による指定管理業務についての情報も含む) ●池と地下水利用調査 ●地域住民の利用実態調査 ●

2)植栽、植木手入れの実施(環境政策課公園係にボランティアでの公園保守整備などの計画立案の試験実施の打診(生活環境部会有志:中町住民によるボランティア活動)

3)NEW!調査した植栽(樹木、植物)を活用した学習計画の模索(試験設計:ネット上での学習と公園近郊での学習施設、場所探しと学習会実施を計画立案する)

●冬の調査からの試案づくり編:寒椿からの学び(その1・)・センダンからの学び・

●学習会開催計画(施設、場所探し・参加者募集・テスト実施)

プロジェクト:B

栗山公園サポーターの会への地域住民の参加打診計画を立案(目標:2018年夏)し、会員制(規約作成を前提)の組織づくりとその活動を模索する

市内の各公園コミュニティの情報収集と連携活動

1)梶野公園>梶野公園サポーター会議との連携

2)浴恩館公園>公園美化サポーター会との連携

3)武蔵野公園>はけの自然と文化を守る会との連携

4)小金井公園>小金井公園桜守の会との連携

5)野川公園>野川自然の会、野川公園指定管理者「NPO Birth」との連携

第二期:史跡、名所など歴史遺産と公園の連携によるコミュニティづくり

設置準備>モデル歴史遺産「玉川上水と名勝小金井桜」、「野川と国分寺崖線」(2018年10月~2023年9月)

テーマ1) 玉川上水と名勝小金井桜
*現状把握と課題抽出期>前期2年(2018~2020年)

東京都と玉川上水流域区市による史跡管理、保全と小金井エリアにおける市、市民による桜及び、自然環境の保全、管理活動を周辺地域公園と連携させ地域における公園を核としたコミュニティづくりを推進する

基本的には、部会の基本方針である4つのフェーズ「環境意識(Awareness)の醸成」「環境情報(Information)の獲得」「環境学習(Education)の実施」「環境行動(Action)の喚起」を視野に、第二期は、第2フェーズの「環境情報の獲得(Information)」活動を基礎に現状把握と課題抽出を展開していきます。>こちらから