緑調査部会活動記録-2005年7月28日

調査部会打ち合わせ結果報告

1:実施日時:7月28日(水)21:00~22:00
第一回運営委員会の終了後
2:場所:萌え木ホール会議室
3:打ち合わせの趣旨:
緑地図作りのまとめ方についての確認 “緑調査部会活動記録-2005年7月28日” の続きを読む

緑調査部会活動記録-2005年6月25日

環境市民会議調査部会検討結果報告

環境市民会議調査部会検討結果報告
伊集院 正
1:実施日時:6月25日(土)14:00~17:00
2:場所:桜町上水会館
3:出席者:阿部、伊集院、柏原、串田、小暮、渋谷、長森、平井、平林
4:議事内容

4-1調査マップのまとめ方について “緑調査部会活動記録-2005年6月25日” の続きを読む

緑調査部会活動記録-2005年5月9日

小金井市環境市民会議調査部会議事録

1実施期日:H17年5月9日(月)19:00~21:00

2議題
1 緑地調査実施に伴う問題点についての情報交換
2 平成17年度予算の策定について

3出席者:15名

3:概要
3-1:緑地調査実施状況及び其の問題点 “緑調査部会活動記録-2005年5月9日” の続きを読む

緑調査部会活動記録・調査報告-2005年4月3日

環境市民会議 調査部会緑地調査報告

1:実施日時:2005年4月3日13時~16時:実地調査(2時間)、反省会(1時間)

2:調査場所:東小金井駅北口東側、スタジオ・ジブリ周辺

3:参加者 :9名

4:調査目的
小金井市内の緑地及び用水等の計画的・体系的調査を実施するに当たり調査方法・データー記入要領等についての統一性を図るために阿部先生、串田氏の指導の下、東小金井駅近辺の緑地調査をメンバー9名で実施したもの。

5:感想
歩き始め当初は、細かいところに目が行って、それをどのように調査用紙に表現すべきか大いに悩んだが、その地域全体の緑地その他の鳥瞰図を作成するという視点で表現すれば良いということに気がつくなど、記入要領は大体習得できた。しかしながら自然その他の観察には鋭い観察力が必要があり何回も繰り返しながら習得して行く必要性があるように感じた。今回初めてこの地を歩いたのであるが、由緒ある農家、畑、美しい並木道、花畑、魅力的な生垣、ピンク・黄色・白色などの美しい花々が咲き誇る家々の庭木、大きな公園、子供達が楽しそうに遊ぶ小さな緑地、あちこちに散在する苗木畑など小金井市にもこのような魅力的な場所があったのかということを知った。その反面つい最近まで農地であったであろう大農園が住宅地に開発工事中の場所も見かけ、環境を破壊して行く様子を見ると無残という気持ちがして早く環境市民会議の活動を軌道に乗せて環境保全が小金井市民の大きな声となるようにしなければという気持ちが強まった。

6:今後の予定
各メンバーの住居近辺地域を分担し、6月末までの約2ヶ月をかけて調査作業を実施(5月9日に中間報告会の開催)。7月、8月に調査結果の調整・編集作業。9月または10月ごろ調査結果の発表。

7:反省会の概要
(1)色分け:公園(ピンク)、畑(ダイダイ)、植木(緑)、緑地(紫)、果樹(薄青)、私有地生垣(濃い青)、造成中宅地(こげ茶)
(2)樹木:その場所を特徴付ける代表的な木々の名前を略字記号にて記載。
(3)生垣、屋敷林は記載方法が難しく、原則は調査対象が意図するが特徴があるものについては各自の判断で記載する。
(4)芝については畑の分類の中で略字表示する。
(5)雑木林も代表的なものを記載.。但し雑木林の保存対策その他については本調査と並行して緑ホーラムの方々と意見交換をする。
(6)巨木についても目立ったものを記載する。巨樹の会、緑地保全委員会から情報を貰うと良い。
(7)表現が難しいもの、細部の状況等については写真情報を活用する。写真についての使用基準は後日串田氏から指示あり。
(8)今回の作業は単に調査のためと考えず、観察を通じて色々な新しい発見の喜びが得られるよう家の近くの地域を何回となく歩き観察を繰り返して調査レポートの精度を高めて行くことが望ましい。
(9)今回調査のために購入したカラーペンおよび小型バインダーは消耗品扱いとして各自保管。

世話役  伊集院正

“緑調査部会活動記録・調査報告-2005年4月3日” の続きを読む

小金井用水観察会の記録-2005年1月10日

環境市民会議 調査部会による小金井用水観察会の報告

実施日 2005年1月10日(祝)午後1時~3時
参加者 20名

玉川上水から分流し、小金井市内を縦横に流れていた小金井用水を調べ、水の都を復活するか、遊歩道として活用するか、また、歩きながら目についた農地、街路樹等の持っているいろいろな問題点を考えて貰うことを主題として実施した。

★砂川用水から分流した小金井用水の一部が遊歩道となっている。幅の狭い土道で、以前は道の両側にケヤキやコナラ等が茂っていたが、大分伐採されて明るい道になっていた。参加者の多くの方は初めて歩いた、と感想をもらしていた。
★途中で小川さん宅に寄る。奥さんのお話では昭和39年に用水が音を立てて流れている気持ちのよい環境に惚れ込んで、ここに家を建てられたとのこと。優雅なお庭に池があり、大きさ1メートル位もありそうな鯉が数匹泳いでおり、参加者は感嘆ひとしきりであった。
★「白樫緑地」を見学、小金井の自然を愛した故柳谷さんの庭で、普段は鍵がかかっていて中に入れない。小金井には緑地、公園が200ヵ所近くあり、緑地のあり方を考えてもらうきっかけにした。
★仙川と小金井分水が交叉する築樋を見学、ここから上流は開渠になっており普段は水が流れていない。クヌギが用水に沿って植えてあり、自動車も殆ど走っていないので、水と緑の気持ちの良い小径として保存できないだろうか、と話し合った。
★一中の前の車道にハナノキ(カエデ科)の街路樹が続いている。岐阜県と長野県の境に自生しており、春の新芽や花が赤く、秋も紅葉し綺麗である。小金井の街路樹としてどのような樹種がふさわしいか考えて貰うことにした。
★梨畑があった。小金井ではここだけではないかと思う。梨の栽培農家をお伺いして小金井と梨、更に広く小金井に適した農産物を調べることも調査部会の課題ではないだろうか。
★砂川用水から小金井用水へ水を引く水門、および昔あった水車跡を見学。
★玉川上水の桜の古木の多くは腐朽菌で犯されており、サルノコシカケの仲間が沢山つくとその菌糸が樹全体にはびこり、こうならない以前に殺菌剤等で処置することが大切だ。空洞も同じで、玉川上水の桜はこのような手当はされていないようだ。

気温は10度位で真冬日であったが、風の穏やかで天気も良く、この計画は参加者にも喜んでもらえたようだ。

阿部正敏

“小金井用水観察会の記録-2005年1月10日” の続きを読む

緑調査部会活動打合せ記録-2005年3月24日

環境市民会議調査部会活動方針打ち合わせ結果

2005・3・24
環境市民会議調査部会活動方針打ち合わせ結果
文責: 伊集院 正
1:実施月日:2005・03・03
2:場  所:福祉会館
3:出席者 :12名

4:打ち合わせの概要
・会議の冒頭議論の方向付けのために伊集院より今まで環境市民会議にて取り上げられた環境に関するテーマを一覧にまとめて提示した。
・阿部正敏先生より、過去に調べた小金井市の用水路を多数の絵図にて示し、用水路復活の可能性についての問題提起を行った。問題は水路の可なりの部分が道路用地・民家にて転用のために埋め立てられ調査そのものが難しくなっていること、玉川上水活用についての水利権の所在が不明であることなどが指摘された。
・緑フォーラムが小金井市内の約200箇所に散在する小緑地・公園が活用されないまま放置されている現状とその活用の必要性に問題指摘が行われた。
・議論の過程で環境市民会議の本来あるべき役割について「環境に関する諸々の活動に関する情報収集とそれを幅広く活用するための情報提供、環境政策の方向付け及び各種活動への支援など」にあることが確認された。
・平林氏より市内の緑地公園を地域住民の自主的活動により緑・花・水などで飾ることによって市民が集う憩いの場として、花のコンテストやお祭り等を一斉に行うことにより小金井市民の連帯意識の高揚を図ることの提案があり、緑フォーラム等による調査結果を活用して数箇所を選定して具体的に取り組むための検討を行うことについて話し合われた。
・用水路調査については、別途調査、フォーマットを定めて各地域ごとに分担を決めて調査結果を記入して行く活動を時間を行うべく、阿部・串田・伊集院でフォーマットのサンプル及び記入マニュアルを作成し後日本会議に提示することにした。

2:個別の話題
・用水調査のための散策に小学生等の子供の参加を呼びかける。
・各種団体との連携の推進、データーの共有化等、講師としての招聘など。
玉川上水を守る会、野川ほたるの会、環境賞受賞中学校、NO2調査団体、小金井公園地中温度測定グループ、玉川上水を守る会、自然再生事業(水生生物,植物、湿地再生等)、湧き水調査、上下水調査、巨樹保存、緑フォーラム、昔話の保存、近郊農園研究、
・玉川上水の水利権の調査の必要性
・環境資源(水、緑)を積極的に創造すること具体的なプラン策定への提言(長森)
・仙川復活に関する住民の意識調査について
・街路樹の調査
・雑木林の保存運動の必要性
・緑フォーラムによる実態調査報告(手入れされずに放置されている緑地・公園の再生の提言。樫の木緑地、カメクボ緑地、ドングリの森、梶野公園等の事例報告)
・トラスト運動についての提言(堀井):明治屋、東小金井緑地
・平林聖氏からの[フラワーガーデン公園とせせらぎ遊歩道計画]の提言。
環境市民会議の運動方向をより具体的にするために、「市内に点在する放置化された緑地公園を地域住民の自主的活動によりハーブと美しい花の咲く公園に作り変え、それをせせらぎの遊歩道で結び地域社会のコミュニケーションの輪を広げて行こう」という構想で会議メンバー多数の関心を生起した。今後、緑フォーラムの調査結果を活用し現地調査をおこない候補地の選定・地域住民への働きかけの方法などについて話し合うことになった。

6参考(伊集院配布資料より)
(1):調査部会の目的
環境市民会議の活動の基礎となる実証的なデーター・情報を収集・分析・公開し環境市民会議の活動を客観的かつ説得性のあるものとする。
(2):調査内容
小金井市をより住み易く快適な環境にするにはどのような施策が必要か。過去の話題となったテーマの整理。
・水――野川、玉川上水、用水、湧き水、下水道、植物・生物
・緑――雑木林、果樹園、生垣、街路樹、屋敷林、畑、公園
・郷土意識―史跡調査、民話・昔話(古老)
・経済――農業、商店街、サービス業、ベンチャービジネス、町起こしビジネス
・文化――絵画、音楽、工芸
・教育――環境教育、子供
・街づくり――街づくり条例、景観緑三法、環境相談
・観光
・生活環境――交通・騒音・汚水その他
(3):調査活動の進め方
・全体活動と分科会活動
・推進組織・スケジュールの策定等
7:阿部正敏氏配布資料
「環境市民会議調査部会第一回小金井用水観察会」
[武蔵野台地の雑木林と人との係わり合い]
8:その他:「うららかな春を歩こうー3月30日9時半より」南口商店街京樽前集合。
以上