審議会傍聴報告:2018年第2回小金井市玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会

昨年度、試験的に傍聴開始した「玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会」を今年度は、しっかりと傍聴する予定です。その第2回10月12日開催です。第1回は、4月の桜の視察だったので、参加できませんでしたが、今回の委員会にその報告資料(資料2)を見ることができました。以下が委員会開催次第です。

今回は、小金井桜関連の市民団体「名勝小金井桜の会」や「小金井公園の桜守の会」などから、5名の傍聴があり、私を含め、6名という傍聴者でした。全く、傍聴者の数=その審議会のテーマとするものへの市民の関心度だけでなく、実際の市民活動の活発さをあらわしていると思えるものです。

重要な議題は、(1)の平成30年度の桜の整備計画です。以下に配布された関連資料とともに議事進行報告をいたします。実際の整備計画資料(資料1:計画図と概要)がその詳細ですが、この整備計画自体は、前回の4月に実施された桜の視察で委員より指摘された点を反映したものということで、最初に資料2(4月6日の視察結果の報告書)が生涯学習課の高木学芸員から、説明されました。資料は、以下をご覧ください。

“審議会傍聴報告:2018年第2回小金井市玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会” の続きを読む

小金井市議会傍聴学習:一般質問9月4日>小林正樹

9月市議会の一般質問の初日は、資料提供をいただいた市議はありません。事前準備で、環境関連のテーマを通告いただいた小林正樹市議のWeb傍聴を主にご案内します。

Web傍聴用ファイルは、こちらをご覧ください。

傍聴概要:

2)桜に関する課題について その1

質問開始:13分後頃よりの開始>

樹勢調査に同行してとのコメント。(名勝小金井桜の会の8月に行われた樹勢調査に同行されたらしい。ただ、この質問で同会の樹勢調査報告が市側、または議会内で提示されているのかは、不明。樹勢調査は、こちらからご覧ください。)

*「植樹した若木については、植樹後の下草刈りなどが十分でない。」

*「老成化した10本の今後はどうなるのか?」回答:枯死した2本を植え替え予定

*「植え替えした後継樹の育成管理は、市民で行えないのか?」回答:現状、教育庁から業務委託された業者が実施しているが、市民の管理も利点が大きいことがあり、フェンス内での危険性なども含め引き続き東京都との調整を続けたい

*「緑道の除草作業の年間スケジュールの見直し」回答:緑道の草刈は、昨年度より、1回増やし、年4回の実施中。

*「植樹計画の年次計画の策定をしてほしい。今の計画は、平成31年度までのものだけだと認識している」回答:残された区間は、必要な補植本数などは、調査済み。ただ、他の市域なので他市との調整予定。32年度以降の整備事業計画を策定予定。苗木の準備などという側面からも市民団体と調整して進めて行く計画。

「他4市の協力をお願いする必要がある。市長がリーダーシップをとって進めて行く必要があるのでは?」回答(市長):いままでの活動が他市へのモデル事業となっている、東京都や市民団体とも連携して進めており、後世に残していけるように継続して行く。

小林市議も6月議会で桜についての質問をされた村山市議同様に樹勢調査には同行しておられるものの、市の「玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会」の傍聴や会議録の確認はされていないようです。各市議は、市からの情報のみでなく、こうした情報収集を進める手立ては考えておられないのでしょうか?また、この質問への市側の対応をこれからも注視し、チェックするなどの方法は継続されるのでしょうか。生活環境部会では、玉川上水の小金井桜も含めた自然の保全と管理への活動は、これからも注視していくつもりです。

3)桜に関する課題について その2

「小中学校での桜の老木の倒木も多く、計画的な実態調査と再生をしてほしい。」回答:緑の基本計画に沿って、公共施設の緑は手本となるもの、桜も重要と考えているが、教育委員会としては、危険性などの観点から、現状の倒木の可能性などの樹木の現状把握を考えている。

 

 

小金井市議会傍聴学習:一般質問2月27日:その1概要編

一般質問とは

さて、市議会傍聴学習の第2弾は、「一般質問」です。今日から始まる一般質問について紹介します。

この一般質問というのは、各市議が、市に対して、前もって質問するテーマを提示するとともにそのテーマに合わせて、必要な資料や情報を市に質問前に提供を依頼し、質問に臨む議会です。

市側は、市長を始めとして、各部の部長が出席して、回答します。回答は、その質問内容に応じて、市長であったり、担当部長であったりします。一人持ち時間は、1時間以内となっています。毎回、どのような質問をするかが、各市議の施政への方針、課題を明確してくれるものです。毎年、どのような質問をし、その後、どのように市政に対応してきたかを見ると各市議の力量が見えてきます。

“小金井市議会傍聴学習:一般質問2月27日:その1概要編” の続きを読む

小金井市議会学習:2018年2月27日一般質問:小金井桜の管理保全>・村山ひでき

実際の27日に一般質問をした村山ひでき市議の「名勝小金井桜の管理と保全」についての質問を取り上げてみます。発言詳細は、こちらのYoutube動画をご覧ください。13:00から約1時間の質問ですが、前半は、都道建設の問題についてで、名勝小金井桜については、後半の30分程度の動画です。 “小金井市議会学習:2018年2月27日一般質問:小金井桜の管理保全>・村山ひでき” の続きを読む

平成29年度第3回小金井市玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会を傍聴

年3回ほど、有識者と市役所の生涯学習課文化財係が開催している小金井桜整備推進活用委員会を傍聴してきました。

今回の議題は、

1)桜の生育状況調査、2)平成29年度名勝小金井さくらの整備計画について、3)今後の事業計画について

の3項目でした。東京農工大学名誉教授の環境生態学の亀山章委員長を中心に樹木医や土木史、風景計画学などの有識者の会議です。

“平成29年度第3回小金井市玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会を傍聴” の続きを読む

玉川上水へ落ち葉回収作戦に行ってきました

会場に集まったボランティア

名勝小金井桜の保護管理をすすめる「名勝小金井桜の会」が主催し、小金井市や小金井市教育委員会が後援する玉川上水端の落ち葉を市民ボランティアで回収する毎年恒例の催しが開催されました。 “玉川上水へ落ち葉回収作戦に行ってきました” の続きを読む