第2次小金井市環境基本計画で策定され、具体化提案されている雨水浸透計画を評価するために

もう第2次小金井市環境基本計画は、策定されてかなりの月日がたちます。第3次の話も見えてきている現在。この第2次計画での提案と現実を直視するために本部会では、「談話室(Webフォーラム)」でこの計画の進捗についての意見交換をする場所をつくりました。当初は、「雨水浸透計画の進捗について」としています。一度、こちらをご覧の上、自由にご意見をご投稿(Replay)ください。

市民による小金井市議会傍聴環境づくり:第2弾「6月議会の準備」

第一弾で、2-3月の日曜議会と3月定例議会の一般質問を実施して、今回は、6月議会での実施を予定しています。その準備を開始しました。

2-3月議会での実施計画と報告は、こちら、6月議会の計画と準備作業は、こちらをご覧ください。

小金井市議会傍聴学習:一般質問3月2日:その2概要編>片山薫

平成30年度の市議会「一般質問」での学習の第2弾です。前回は、初日の一般質問と回答を「事前に市議が市に提出要求した資料と一緒に質疑動画を見る」という点に絞ってみました。質問した市議の側と回答する市の側(市長と生涯学習課)の提出した資料とその回答の仕方の把握をメインにしました。

今回は、テーマではなく、傍聴のしやすさを追及です。市議が一般質問の前に市に対して、要求した資料や情報も一緒に閲覧できる環境での傍聴という点で今後の新たな傍聴環境づくりへの試行錯誤をしてみます。

“小金井市議会傍聴学習:一般質問3月2日:その2概要編>片山薫” の続きを読む

小金井市議会傍聴学習:一般質問2月27日:その1概要編

一般質問とは

さて、市議会傍聴学習の第2弾は、「一般質問」です。今日から始まる一般質問について紹介します。

この一般質問というのは、各市議が、市に対して、前もって質問するテーマを提示するとともにそのテーマに合わせて、必要な資料や情報を市に質問前に提供を依頼し、質問に臨む議会です。

市側は、市長を始めとして、各部の部長が出席して、回答します。回答は、その質問内容に応じて、市長であったり、担当部長であったりします。一人持ち時間は、1時間以内となっています。毎回、どのような質問をするかが、各市議の施政への方針、課題を明確してくれるものです。毎年、どのような質問をし、その後、どのように市政に対応してきたかを見ると各市議の力量が見えてきます。

“小金井市議会傍聴学習:一般質問2月27日:その1概要編” の続きを読む

平成29年度第3回小金井市玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会を傍聴

年3回ほど、有識者と市役所の生涯学習課文化財係が開催している小金井桜整備推進活用委員会を傍聴してきました。

今回の議題は、

1)桜の生育状況調査、2)平成29年度名勝小金井さくらの整備計画について、3)今後の事業計画について

の3項目でした。東京農工大学名誉教授の環境生態学の亀山章委員長を中心に樹木医や土木史、風景計画学などの有識者の会議です。

“平成29年度第3回小金井市玉川上水・小金井桜整備活用推進委員会を傍聴” の続きを読む

小金井市議会学習:2018年2月日曜議会「施政方針への質問」:緑の計画>生活者ネットワーク・田頭

日曜議会の施政方針にある「湧き水と緑・桜を守るまち小金井」への質問:その1「生活者ネットワーク」の田頭市議の質問:

田頭市議の質問予定

●質問と回答を動画で見るには、

Youtubeの動画(15:39~)をこちらから、ご覧ください。

<動画を見ての個人的な感想>

動画は、幾分、共産党の質問と回答が延びて、1時間15分頃からが、田頭さんです。実際に聞くと、1時間29分程度からの質問が3)だったのですが、時間が超過したということで、この質問については、回答は時間切れで無しということでした。????どこかで回答するようにするべきではないのかと思いますが。共産党は時間超過は可能で、田頭さんの場合は、駄目ということのようです。不思議な議会と思うのは、私だけでしょうか。この件の回答は、文書で改めて、市長より提出していただきますなどとならないのでしょうか?

●小金井市の緑の基本計画のリンクは、以下から

小金井市緑の基本計画
第1章「計画の基本的事項」
第4章「推進施策」
西岡市長の平成30年度の施政方針は、こちら

日曜議会の概要に戻る

この質問とそれに対する市長の回答についてのご意見は、コメント欄にどうぞ