小金井市議会傍聴環境づくり:2019年3月議会一般質問1日目>吹春やすたか

2019年3月議会吹春やすたか市議一般質問:準備編~後日傍聴

吹春市議の一般質問内容は、3つです。事前に公開された以下の通告資料をご覧ください。

今回から、週末Web傍聴への試験的実施に合わせて、準備編と事後編をアップしています。事後編では、当該動画ファイルを直接ご覧いただけます。


事後編について:新企画!週末Web傍聴をテスト中です。以下にYoutube動画を貼りつけます。各質問も動画でどのタイミングから放映されるかを明示しています。カーソルを動かして、当該時間から傍聴できるようにする予定です。週末のお好きな時間にご傍聴ください。

当日の吹春市議の動画は、こちらからご覧いただけます。

吹春市議に各質問についての準備と傍聴用の学習

以下には、吹春市議の3つの質問をより理解していただけるように市政の背景やその他の関連情報をご紹介します。

その質問の1:東京オリンピック・パラリンピックへの対応について

小金井市の東京オリンピックタイミングでの観光集客などの企画については、ご存じでしょうか?当日、資料を交えて吹春市議が説明していただけるのかどうかはわかりませんが、市民がWebサイトなどで得られる情報を以下にご紹介しておきます。

基本的には小金井市の公式サイトでは、くらし>スポーツという区分から、アクセスできる「オリンピック・パラリンピック」というコーナーがこちらに設置されています。内容としては、東京大会2020に限らず、小金井市に関連するオリンピック・パラリンピック大会に出場するだろう選手に関する話題や出来事、または2020に関しては「サポーター募集」などという情報が掲載されています。

吹春市議の求められている、大会期間中に小金井への外国人の観光集客を図る策などについては、触れられていません。そうした内容は、市の観光振興事業ということになります。最新の小金井市の産業振興プランをご存じですか?平成28年から32年までの期間の産業振興計画をまとめたものです。こちらからPDFをダウンロードしてご覧ください。今回のオリンピック・パラリンピックは、国や都の事業でその機会に連携して、産業(観光など)を振興するという意味でいうと、この計画には盛り込まれていません。開催決定のタイミングによるものか、本来、都の産業振興との連携という項目がなぜ、ないのかは不明です。

では、東京都の側から、都の自治体での観光振興へはどのような視点をもっているのでしょう?

東京都へ右へ習えをしてる小金井市にとって、東京都の施策は重要なはずです。東京都自体は、現在、都の自治体に対して、なんだかの補助金や支援策などを設けることでこのイベントの活性化を推進しているのかもしれませんが、その詳細を知っておことも必要かもしれません。実は、東京2020のために東京都は、「PRIME 観光都市・東京 東京都観光産業振興実行プラン ~東京2020大会に向けた重点的な取組」という計画を策定しています。それらをまとめている有識者会議の報告による中間答申は、こちらでご覧いただけます。この「東京の観光振興を考える有識者会議」の詳細は、その会議録をこちらでご覧いただくことで把握可能です。

その中間答申での都内の自治体への支援策などの具体案は、答申の21Pに記載されています。以下にご紹介します。特にこの計画では、島嶼部に注力しているですが、「都内全域を対象」とした部分がイベントなどの事業化支援やテーマ別の観光資源の開発支援という項目がそれにあたります。参考になりますでしょうか?吹春市議はどんな提案をされるのでしょう?また、市側は誰がどのように答えるのでしょう?興味がありますね。

もしかしたら、小金井まちおこし観光協会が補助金を受けて推進しているアニメ事業などがこうした観光目的として、報告されるのかもしれませんね。または商工会などの小金井特産品づくりなども関連しているのかもしれません。実際に東京オリンピックに向けてではないと思えるのですが、行政がどう答えるのかは、興味のあるところですね。

その質問の2:武蔵小金井駅南口の桜について

この桜植樹の最新情報としては、2月20日の植樹式の情報が、小金井市の公式サイトにあります。こちらをご覧ください。また、名勝小金井桜の会でもこの植樹に協力して、1本の植樹に協力しているようです。詳細は、同会のこちらの活動報告をご覧ください。吹春市議の事業化という課題は、これ以前の植樹をした桜が成熟不良で枯れかかって、植え替えた経緯などについての話から、この植樹したサクラの管理保全をどのようにしていくかということなのかもしれません。三宅島友好協会の要請している内容についても説明、もしくは資料提示が吹春市議より、あるものと思われます。環境市民会議としては、市内の植生保全とも関連して、こうした植栽の保全管理などについては、計画を確認してみたいところです。

その質問の3:防災について

毎年実施されている防災訓練などや防災用、防災倉庫備品や避難所の発電設備は重要な課題ですが、どの程度の提案をされるのか興味のあるところです。小金井市の防災マニュアルなども読んでみて、不備が随所にあることもあり、こうした提案がより、具体的で皆が具体的に活用したり、検討するきっかけになれば幸いです。小金井市防災計画の詳細は、こちらからご覧いただけます。また、防災マニュアルや防災倉庫の備品台帳などもこちらから、ご覧いただけます。

今後も注目したいテーマです。どんな資料が提示され、市側は、多分、地域防災課が答えることになるのでしょうか。

この項、了

小金井市議会傍聴学習:2018年12月一般質問>4日(8名)

いよいよ、一般質問の3日間が始まります。本日は、4日の一般質問をご紹介します。

1日までに本サイトで実施した傍聴準備情報アップでは、4日に8名の方の日曜議会での質問とこの4日に質問される7名(斎藤議員は、4日一般質問はされません)の通告内容とその傍聴準備をアップしました。詳細は、こちらをご覧ください。

NEW!議会傍聴は、それぞれの市議の方の一般質問の説明コーナーに中継終了後に個別の動画のリンクを作成しています。ご覧ください。(12月4日中継終了後更新)

中継終了後には、各議員の傍聴動画を各議員の傍聴準備のコーナーにリンク配置しておきますので、後日Web傍聴をされる方は、是非、ご利用ください。残念ながら、審議前に資料データ提供をいただけた議員は、沖浦議員のみでした。それ以外の方については、事後のWeb傍聴をされる方のためにも事後の提供を期待しています。

本日、一般質問を最後にされるのは、前回の傍聴準備でアップできなかった村山ひでき議員です。その通告内容と傍聴準備についての情報を以下にご紹介します。それ以外の方は、上記のリンクから以前の傍聴準備の情報をご確認いただきながら、本日の傍聴をいただければと思います。

<村山ひでき議員の通告内容>

村山ひでき議員の一般質問は、上記のように「水道法改正による水道事業への影響について」というものです。小金井市の場合は、東京都の水道局の事業サービスを受けており、自前の水道事業があるわけではありません。

現在、水道法改正による民間の水道事業への参入は、地域のライフラインというべき水道を民間に委託して良いものかという議論が沸騰し、大きな課題となっています。その課題は多くのメディアが取り上げています。委託の方法論議、世界各国での事例、課題などを以下をご覧の上、傍聴してみてください。

NEW!4日の一般質問のWeb動画は、こちらをご覧ください。(12月4日中継終了後更新)

<関連メディア記事一覧>

朝日新聞デジタルBusiness Journal講談社マネー現代ダイヤモンドOnlie

<4日、傍聴準備、以上>

市議会傍聴環境づくり:平成30年度第4回12月議会傍聴準備 その3

吹春やすたか、小林正樹議員の12月議会:日曜議会と一般質問の概要と傍聴準備

まず、準備としては、どのような質問をされるかを各市議の質問通告という議会に提出した資料をご紹介します。

まずは、吹春やすたか市議です。以下の通告をご覧ください。日曜議会と一般質問を合わせて貼り付けてあります。

<吹春やすたか議員の通告内容と傍聴準備>

“市議会傍聴環境づくり:平成30年度第4回12月議会傍聴準備 その3” の続きを読む