第52回消費生活展・小金井市環境市民会議イベント報告

第52回消費生活展(小金井なかよし市民まつり:消費生活部門)への参加報告

開催日時:2018年10月27日 10:00~16:00、開催場所:上之原会館 2階フロア

出典概要:

*各部会活動紹介(希望部会よりの資料提示やチラシ配布など)

<具体実施内容>

各部会に配布希望を(MLにて)確認し、希望部会よりの展示やチラシ配布を実施

①緑調査部会:公園調査報告書の紹介と部会活動のチラシを配布

*環境政策課からの情報提供:環境学習館紹介パネル展示と雨水貯留タンク購入助成制度の紹介チラシを配布

*雨水貯留設備相談の窓口「雨水貯留設備なんでも相談」を開設

<具体相談実施内容>

①雨水貯留設備・公共施設調査(2017年9月実施)の紹介(プロジェクターを利用しての生活環境部会公式サイト内コンテンツ利用)、②雨水貯留設備アンケート(相談受け時に活用)

*雨つぶぐるぐるすごろく(雨水市民の会が開発した雨水の自然循環を学ぶための子ども向けすごろく)体験コーナー

<具体実施内容>

①雨水市民の会より、体験指導人員の派遣をお願いし、2名の方(高橋事務局長と森理事)に参加いただきました。同時に雨水市民の会説明や簡易雨水貯留タンクの作り方チラシと同すごろくの紹介チラシ配布、すごろくの特価販売(定価1,200円⇒1,000円)を実施しました。

出典結果:

1)雨水貯留設備相談

約6名の相談者(アンケート収集済み、既に設備所有者、未所有者共に3名)に昨年の公共施設調査を紹介しながら、現状の設備について相談にのる。

2)雨つぶぐるぐるすごろく

約10~15名程度の子どもに実際に雨つぶぐるぐるすごろく体験をしてもらう。(見学も同数程度)雨水市民の会の方々に指導受けながら、親子での体験もあり。親御さんからは、「こんなすごろくがあるのは知らなかった。」「是非、学校で体験できたら良い。」「大人も勉強になる」と好評でした。子どもたち(主に小学生)も読める工夫がされたガイドブックなどがあることで多くの参加者が楽しめた。

その過程で、実際のすごろく販売も実施。約4セット販売。3セットは今後の活用のために生活環境部会で購入。

当日配布物案内は、こちらから

<報告、以上>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください